小学館新書<br> マンションは学区で選びなさい

個数:
電子版価格 ¥842
  • 電書あり

小学館新書
マンションは学区で選びなさい

  • ウェブストアに104冊在庫がございます。(2017年10月21日 08時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784098253074
  • NDC分類 365.35
  • Cコード C0233

内容説明

「公立小移民」という言葉を知っているだろうか。人気公立小学校の学区に引っ越す家族のことを指し、子どもによりよい教育環境を与えたい「孟母三遷」な親ならでは選択と言える。これまで人気学区は口コミに頼る部分が多かったが、「学区と世帯年収」という新たな指標を与えるのが本書だ。人気学区のマンションは多くの場合、需要が供給を上回るため、資産性が高い。“教育環境がよいほど資産性が高くなるマンション格差の法則”をひもとく一冊。

目次

第1章 なぜ今、「学区」が重要なのか(自宅選びは公立小学校選びでもある;高学歴など年収が高くなる ほか)
第2章 学区と年収の相関関係(学区別世帯年収はどうしてわかるのか;高級住宅地か都市計画地か…人気公立小学校2つのパターン ほか)
第3章 子育て世帯の住まい10年計画(住まい選びの新常識;「永住」は1つの選択肢にすぎない ほか)
第4章 お金を生むマンション「7つの法則」(自宅で資産形成する方法;お金を生むマンション「7つの法則」 ほか)
第5章 住宅ローンとお金の話(住宅購入予算は身の丈の2割増しを;住宅ローンは「多く」「長く」「安く」が鉄則 ほか)

著者紹介

沖有人[オキユウジン]
1988年慶應義塾大学経済学部卒業。コンサルティング会社などを経て、98年にアトラクターズ・ラボ株式会社(現在のスタイルアクト株式会社)を設立、代表取締役に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

不動産ビッグデータでわかった「学区と年収の相関関係」を元に、“教育環境がよいほど資産性が高くなるマンション格差の法則”を紹介。教育環境と資産性を担保する「学区」を軸にした住まい選び(東京、神奈川、千葉、埼玉)