ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄

個数:

ニライカナイ 神の住む楽園・沖縄

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年04月29日 05時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 23cm
  • 商品コード 9784096806203
  • NDC分類 748

著者紹介

三好和義[ミヨシカズヨシ]
1958年、徳島県生まれ。13歳のとき沖縄を訪ねて「楽園」というテーマを発見。以来、海底からヒマラヤまで、世界中を撮り続けている。高校時代に銀座ニコンサロンで開いた個展「沖縄・先島」は、当時の写真展開催の最年少記録。27歳、写真集『RAKUEN』(小学館)で木村伊兵衛賞を当時最年少で受賞。近年はユネスコの依頼を受け、日本にある全ての世界遺産を撮影

出版社内容情報

14歳でその地を訪れて以来、憧れ、撮り続けた沖縄。宮古のエメラルドグリーンの海、西表の神秘の森、石垣の秘密のビーチ…。豊穣をもたらす神が住む楽園・ニライカナイの伝説が、写真家・三好和義の想いとともに蘇る。

 国内外の「楽園」を撮り続ける写真家・三好和義氏が、中学生のころから憧れ、通い詰め、撮り続けてきた沖縄。本書は、その三好氏撮り下ろしによる、首里城をはじめとした世界遺産の数々、本島や、宮古島・西表島など離島も含めた美しい自然、慶良間の水中写真、与那国の海底遺跡など…、さまざまな沖縄の風景をメインに、氏が中学から高校にかけて撮ったモノクロ作品もまじえて、沖縄の歴史や文化、魅力を余すことなくお伝えします。序文はNHKの連続ドラマ「ちゅらさん」でも有名な女優の平良とみさん、解説は琉球大学教授の高良倉吉氏が執筆。人々に繁栄や豊穣をもたらす神が住むという海の向こうにある理想郷・ニライカナイの伝説が、今、色鮮やかに蘇ります。