岩合光昭の大自然100

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 127p/高さ 21X30cm
  • 商品コード 9784096804209
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

内容説明

見て、読んで、感じてください。この地球のかけがえのない仲間たちを。動物写真家・岩合光昭氏の30年に渡る作品の集大成。

目次

Africa
Australia
Sea around us
under the Water
Polar regions
Snow monkeys
Japanese Dogs
World of Cats
Diversity
Message

著者紹介

岩合光昭[イワゴウミツアキ]
1950年東京生まれ。1970年ガラパゴス諸島を訪れたことを契機に、動物写真家になることを決意。北極圏から南極大陸まで地球上のほとんどの地域を取材し、生命のつながりをテーマに野生動物や大自然を撮り続ける。1982年から1984年までアフリカ・セレンゲティ国立公園に家族と共に滞在し撮影した写真集『おきて』は、全世界で15万部を超えるベストセラーに。日本人として初めて『ナショナルジオグラフィック』の表紙を2度飾るなど、海外のメディアでも高い評価を得ている

出版社内容情報

アフリカのサバンナ・セレンゲティの写真、極寒の北極圏でのホッキョクグマの撮影…世界を駆けめぐり、野生動物の真の姿を追い続けてきた動物写真家・岩合光昭氏が30年にわたり撮り続けてきた作品の中から、自ら厳選した100枚を収録したフォトエッセイ。動物を見続けてきたからこそわかる撮影時のエピソードも収録。親子で一緒に読むにもお薦めの一冊です。

 世界的に有名な動物写真家、岩合光昭氏が30年にわたり撮り続けてきた作品の中から、自ら厳選した100枚を収録したフォトエッセイです。2年以上にわたりアフリカのサバンナで定住して撮影したセレンゲティの写真から、北極圏カナダ北部での極寒の中でのホッキョクグマの撮影まで、世界を駆けめぐり、野生動物の真の姿を追い続けてきた氏の代表作がここに結集しています。また動物写真家として常に動物を見続けてきたからこそわかる、岩合氏独特の撮影時のエピソードもエッセイとして収録されており、今まで知らなかった姿をかいま見ることができます。まさに岩合氏の代表作を集めた永久保存版の1冊です。