ライオン家族

  • ポイントキャンペーン

ライオン家族

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B4判/ページ数 1冊(頁/高さ 25X26cm
  • 商品コード 9784096804186
  • NDC分類 489.53

出版社内容情報

アフリカのサバンナでの長期間に渡る取材で撮影された、百獣の王と呼ばれるライオンの生態。思わず微笑んでしまう子ライオンの仕草から、迫力満点の狩りのシーンまで、大自然の大きさと神々しさが感じとれる。

世界的なネイチャー写真家、岩合光昭氏の、小学館での第7作目の写真集である。1970年から写真家として活躍しはじめた岩合氏は、これまで幾度となくアフリカを取材してきた。セレンゲティ国立公園で、1年半にわたって家族と生活して撮影したのを始め、ンゴロンゴロ・クレーターにも長期間の取材を行っている。その膨大な写真の中から、ライオンに焦点を当てて一冊にまとめたのが本書である。 ライオンは、基本的にプライド(群れ)を構成して行動する。それぞれのプライドはテリトリーを持っている。メスは子育てを担当し、狩りに出る。一方、オスは1日20時間も寝ていて、“百獣の王”と呼ぶには情無い行動が多いが、プライドを侵されると、猛然と反撃に出る。最強の動物と思われているライオンも、多種多様な大自然を構成する生き物のひとつであることが、この一冊で読み取ることができる。ライオンの生態を徹底的に調べあげ、フィールドに出ると、忍耐強く観察し続けて、決定的瞬間を撮る岩合氏の写真は、見る者の想像力を刺激し、生命のつながりを感じさせる。 本書のアートディレクションは、パリ在住のオランダ人、トーマス・グレーブメーカー氏に依頼した。見事なデザインによって、ライオン家