洒落本・滑稽本・人情本

個数:

洒落本・滑稽本・人情本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月28日 00時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 604p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784096580806
  • NDC分類 918

内容説明

江戸時代中期、戯作とよばれる文学活動が江戸の地に根をおろし広がっていく。京伝・三馬・春水などが、既成の権威を笑いのめし、遊びの境地を徹底して楽しんだ。「角屋敷竟には野暮の手へ渡り」身代をつぶすまで遊ぶのが江戸ッ子の見え。町人文化最盛期の傑作集。

目次

洒落本(跖婦人伝;遊子方言;甲駅新話 ほか)
滑稽本(酩酊気質;浮世床)
人情本(春告鳥)

出版社内容情報

江戸時代中期、「戯作」と呼ばれる遊びの文学が誕生した。吉原での遊興を描く洒落本。市井の半可通を笑う滑稽本。恋の哀れを描いて読者の涙を誘う人情本がそれである。京伝、三馬、春水らのそれぞれの傑作を収録。

 江戸時代中期以降に花開いた庶民の文化゛戯作(げさく)″。それは、日本文学史の流れの中では教養主義的な゛雅″の文学に対して、いわば゛俗″の文学とも呼ばれる性格のものであった。封建主義の閉塞状況の中で、゛うがち″の手法をとりいれて、既製の権威を徹底的に笑いのめすその姿勢は、一方で、川柳・狂歌を生み、もう一方で、黄表紙や、本書の洒落本・滑稽本・人情本を生みだした。収録作は、洒落本では「跖婦人伝」「遊子方言」「甲駅新話」「古契三娼」「傾城買四十八手」「繁千話」「傾城買二筋道」、滑稽本では「酩酊気質」「浮世床」、人情本では「春告鳥」を収録。山東京伝、式亭三馬、為永春水らの傑作が、江戸の市井に生きる庶民の笑い、涙、恋愛を生き生きと描きだしてくれる。