栄花物語〈3〉

個数:

栄花物語〈3〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月29日 14時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 573p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784096580332
  • NDC分類 918
  • Cコード C1393

出版社内容情報

この世の栄華を極めた道長の死。時代は大きく院政へと傾いていく

全三冊の完結篇。巻二十七から巻四十までを収録。栄華を極めた道長の死、および道長後の物語が描かれる。 彰子など、三人の娘を入内させ、権力を掌握してきた道長であったが、次々に娘を失い、そのあとを追うように、道長自身も衰弱していった。万寿四年(1027)、ついに道長は薨去。享年六十二歳であった。 その後、物語の主役は、息子の頼通、教通、頼通の息子の師実、師実の息子の師通、師通の息子の忠実へと移り変わり、藤原氏は往時の繁栄を徐々に失っていく。一方、白河天皇が堀河天皇に譲位し、白河院が誕生することにより、院政の始まりを予感させて、宇多天皇から堀河天皇までの二百年の歴史を描くドラマも終幕を迎える。 きらびやかな宮廷生活、権力を手中にしていく道長の手法、その周辺で起こる人々の悲劇……。日記のように年次を追って配列された一つ一つの断片的な話が、俯瞰的に見れば因果関係をもってつなぎあわされていく。そのみごとな構成は『歴史物語』と呼ぶにふさわしく、現代の権力抗争もかくやと思われるほどのリアリティーを持つ。最新の学問的成果を反映した丹念な頭注と、流麗な現代語訳で蘇った平安時代の大河ドラマをぜひ味わってください。

山中 裕[ヤマナカ ユタカ]
著・文・その他/翻訳

秋山 虔[アキヤマ ケン]
著・文・その他/翻訳

池田 尚隆[イケダ ナオタカ]
著・文・その他/翻訳

目次

巻第27 ころものたま
巻第28 わかみづ
巻第29 たまのかざり
巻第30 つるのはやし
巻第31 殿上の花見
巻第32 謌合
巻第33 きるはわびしとなげく女房
巻第34 暮まつほし
巻第35 くものふるまひ
巻第36 根あはせ
巻第37 けぶりの後
巻第38 松のしづえ
巻第39 布引の滝
巻第40 紫野