武者小路実篤全集〈第9巻〉

  • ポイントキャンペーン

武者小路実篤全集〈第9巻〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 805p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784096560099
  • NDC分類 918.68

内容説明

長篇小説『二宮尊徳』ほか、伝記文学の傑作と前巻より続く新編・「大調和」前後(2)。実篤みずからいう「失業時代」に書いた真人の哲人・賢人・達人像。

目次

二宮尊徳
大石良雄
釈迦
日本の偉れた人々(親鸞の結婚;日蓮と千日尼;黒田如水;宮本武蔵;白隠;頼山陽と川上儀左衛門;黒住/宗忠;空海に就いて;柳里恭に就いて;宮本武蔵の一面;自分の好きな日本画家三四;黒住宗忠に就いて;法然のことを一寸;一休和尚に就いて;西郷隆盛と二宮尊徳の挿話;二宮尊徳に就いて;北斎雑感;雪舟に就いて;楠正成一巻書;三条/実美公)
幸田露伴
「大調和」前後〈2〉

出版社内容情報

二宮尊徳/大石良雄/釈迦/日本の偉れた人々/幸田露伴/「大調和」前後(二)

プロレタリア文学運動の興隆とともに訪れた実篤のいう“僕の失業時代”昭和初期、彼が精力的に取組んだ内外偉人の伝記・評伝の傑作を集めた。自己の心と強く響き合った「二宮尊徳」「大石良雄」「釈迦」をはじめ、のちの「幸田露伴」などを併せ収録、作者の心の対象となった人物群の系譜をたどる。巻末には第八巻につづく身辺雑記・雑感の新集成〈「大調和」前後(二)〉を編成した。