バッハ全集 〈第14巻〉 協奏曲、管弦楽曲 三宅幸夫

バッハ全集 〈第14巻〉 協奏曲、管弦楽曲 三宅幸夫

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 257p/高さ 20X29cm
  • 商品コード 9784096120149
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C0873

出版社内容情報

ブランデンブルク、管弦楽組曲他名曲を網羅

●バッハの3つのスタイル この巻には、バッハの創作活動を方向づける3つの主要なスタイルが含まれています。すなわち、1)バッハの時代に全ヨーロッパを席巻した、イタリア起源の躍動<コンチェルト>、2)バロックというよりは、むしろロココに属するフランス起源の粋(ギャラント)な<組曲>、そして、3)ルネサンスのカノン作法に先祖がえりしたような、極端に思弁的な<特殊作品>というわけで、それらの代表例が、《ブランデンブルグ協奏曲》や《管弦楽組曲》、そして《フーガの技法》であることは言うまでもありません。 ●ジャンルを超えて結びつくバッハ そして、この巻に収められているのはスタイルのはっきりした作品ばかりですから、これに親しむことによって、さらにスタイルが複雑に重なり合ったほかの作品を読み解いてゆくことができるでしょう。たとえば、オルガンのための《(トリオ)ソナタ集》は<コンチェルト>のスタイルを土台としていますし、BWV75《貧しい人は食事し》は教会音楽ながら<組曲>と結びつけられます。またBWV811《イギリス組曲第6番》は組曲でありながら<特殊作品>の性格を有しています。このように、バッハの作品はジャンルを超えて相互に関