バッハ全集 〈第10巻〉 オルガン曲 2 三宅幸夫

個数:

バッハ全集 〈第10巻〉 オルガン曲 2 三宅幸夫

  • 価格 ¥29,314(本体¥27,143)
  • 小学館(1999/01発売)
  • ポイント 271pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 293p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784096120101
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C0873

出版社内容情報

賛美歌の歌詞の意味することを音楽で語る。オルガン・コラールを中心とするバッハ全作品中でもその表現の多様さと、多彩な旋律の展開において、特筆すべき巻といえます。新録音多数収録。どうぞご期待下さい。

 「バッハ全集」第13回配本は「オルガン曲(2)」です。本全集も余すところ3巻、いよいよ大詰めです。今回配本の「オルガン曲(2)」ではプロテスタント教会の讃美歌(コラール)に基づくオルガン曲を中心に収録しました。讃美歌の意味する歌詞の内容を音楽で語ることになります。それにしても何という多様な展開でしょう。自らもオルガン演奏をしたシュヴァイツアー博士は、かつて、《オルガン小曲集》(BWV五九九?六四四)をさして「これは音楽史全般における最大の出来事の一つである」とさえ述べています。またバッハ晩年の《18のコラール》(BWV六五一?六六八)はその表現の多彩さにおいて、傑作《ロ短調ミサ曲》に匹敵する作品群といわれています。このように、今回の「オルガン曲(2)」は本全集の中でも一つの大きな山脈を形づくる作品群と申せましょう。全集刊行に当たり行われたサイモン・プレストンの新録音もまた魅力の一つです。書籍の方は、概説を三宅幸夫氏、作品論にシュルツェ、ツェンダー、横坂康彦の各氏、カラー特集「祈りの構図」に小池寿子、エッセイに皆川達夫、阪田寛夫の各氏、特集に片山千佳子、田辺幹之助、中村雄二郎、高階秀爾、西原稔の各氏他、内外の力