バッハ全集 〈第9巻〉 オルガン曲 1 礒山雅

個数:
  • ポイントキャンペーン

バッハ全集 〈第9巻〉 オルガン曲 1 礒山雅

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 17時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 209p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784096120095
  • NDC分類 762.34

目次

1 バッハの芸術(オルガニスト、バッハ;バッハ・オルガン作品の資料と伝承;バッハとオルガン ほか)
2 バッハ、人と音楽(バッハを弾くサイモン・プレストン;オルガンを語る;バッハに育てられて)
3 バッハとその時代精神(フェルメールの地図―表層のバロック的遁走;連載・精神のフーガ ラモーと『ラモーの甥』―ディドロの音楽論とその周辺;連載・バロックの美術 宮廷美術 ほか)
4 バッハの作品(作品解説;演奏家紹介;収録曲一覧)

出版社内容情報

第9巻「オルガン曲?」(CD85?92)525(トリオ)ソナタ第1番/526?530(トリオ)ソナタ第2番?第6番※531?537幼想曲とフーガ/539/541/543?546前奏曲とフーガ 547?552前奏曲とソナタ★/537 542幻想曲とフーガ/538 540トッカータとフーガ 8つの小前奏曲とフーガ(疑作)553?560前奏曲とフーガ★/561幻想曲とフーガ★562幻想曲(とフーガ)★563幻想曲と模倣曲★/564トッカータ、アダージョとフーガ 565、566★トッカータとフーガ/567?569前奏曲★/570?571幻想曲★/572オルガン曲(幻想曲)/574?581フーガ★/582パッサカリアとフーガ/583?586トリオ★/587アリア★/588カンツォーナ★/589アッラブレーヴェ★/590バストレッラ/591小さな和声の迷路★

バッハの生きていた時代、彼は作曲家としてよりは、むしろオルガンの名手として有名でした。第9巻にはそのバッハが作曲したオルガン曲のほぼ半数を占める自由作品(すなわちコラールを用いない曲)を収録しました。 冒頭の6つの《トリオ・ソナタ》は本巻のハイライトともいえる室内楽的な精緻な世界。そして、有名な《トッカータとフーガ ニ短調》BWV565、さらに雄大なポリフォニーの傑作《パッサカリア》BWV582、牧歌的な《パストレッラ》BWV590、フランス様式の香り高い《ファンタジー ト長調》BWv572。 往年の巨匠ヴァルヒャの演奏に加え、コープマンの初CD化、そしてプレストンの新録音が魅力です。書籍は概説を礒山雅氏。バッハとオルガン曲については小林義武氏、鈴木雅明氏、星野宏美氏、アルヒーフレコードの歴史をホール・シュナイダー氏。そしてサイモン・プレストン氏のインタビュー。エッセイに松居直美氏、辻宏氏。特集はバロック論を谷川渥氏。カラー特集ではヨーロッパ各地の名作オルガンを植田義子氏が紹介します。連載に中村雄二郎氏、高階秀爾氏。作品解説は鳴海史生氏があたります。バッハのオルガンの世界を十分に満足していただける構成となっております。どうぞご期待下さい