ドラえもんはじめての数え方

個数:

ドラえもんはじめての数え方

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2021年10月16日 17時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 112p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784095018287
  • NDC分類 K815
  • Cコード C6581

出版社内容情報

ドラえもんと約100の数え方を学べる1冊

ドラえもんといっしょに約100種の「数え方」が楽しく学べるオールカラーの入門書。この1冊で、数え方の基本から、子どもの好奇心をくすぐる豆知識まで楽しく学べます。
子どもの身のまわりのものを、「食べ物」「動物」「植物」「教室」「部屋」「乗り物」「建物」「自然」などのジャンルに分け、<まんが><絵図鑑><クイズ>で、楽しみながら数え方が自然に身につくように構成しました。登場する「数え方」は、「棹(さお)」や「斤(きん)」など昔ながらのものから、「基(き)」や「頭(とう)」など大人も意外と知らないようなものまでバリエーション豊かに紹介。
小学校では算数の文章題にも登場する「数え方」ですが、「数え方」がわかるようになると、文章題がスラスラ解けるようになるのはもちろんのこと、国語の読解力もぐんぐん伸びること間違いなし!
お子さんがひとりでも学べるよう、すべての漢字にふりがなを付けました。
著者は10万部 の大ヒット『数え方の辞典』で数え方ブームを作った飯田朝子先生。


はじめに
巻頭まんが 数え方ってなんだろう?


《第1章》 食べ物を数えてみよう

◆野菜・果物の数え方
◆パン・おかしの数え方
◆スーパー・コンビニのものの数え方
◆お肉の数え方
◆海の幸の数え方

☆数え方まとめクイズ 1
〈コラム1〉おすしの数え方


《第2章》 生き物を数えてみよう

◆生き物の数え方 1
◆生き物の数え方 2
◆植物・花の数え方
◆体から出るものの数え方

☆数え方まとめクイズ 2
〈コラム2〉薬の数え方


《第3章》 暮らしの中で数えてみよう

◆キッチン・食卓のものの数え方
◆教室・学校のものの数え方
◆部屋にあるものの数え方
◆身につけるものの数え方
◆機械・家電の数え方

☆数え方まとめクイズ 3
〈コラム3〉たんすの数え方


《第4章》 外に出て数えてみよう

◆乗り物の数え方
◆建物・施設の数え方
◆自然の数え方

☆数え方まとめクイズ 4
☆認定証・クイズの答え


飯田 朝子[イイダ アサコ]
著・文・その他

藤子・F・ 不二雄[フジコ エフ フジオ]
原著

内容説明

まんが+絵図鑑+クイズで約100種の数え方を楽しく学べる。

目次

第1章 食べ物を数えてみよう(野菜・果物の教え方;パン・おかしの数え方 ほか)
第2章 生き物を数えてみよう(生き物の数え方;植物・花の数え方 ほか)
第3章 暮らしの中で数えてみよう(キッチン・食卓のものの数え方;教室・学校のものの数え方 ほか)
第4章 外に出て数えてみよう(乗り物の数え方;建物・施設の数え方 ほか)

著者等紹介

飯田朝子[イイダアサコ]
1969年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程を経て、1999年東京大学大学院言語学専門分野博士課程修了。『日本語主要助数詞の意味と用法』で博士(文学)取得。中央大学教授として日本語意味論や商業言語学を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しろくま

16
1年生と。「数と漢字」の学習をしたので、数え方に興味が出てきた子どもたち。黒板や黒板消し、帽子は何と数えるのか、と聞いてきたのでこの本で確かめました。絵図鑑のページが分かりやすいです(^o^)2019/10/10

しろくま

15
1年生にどうかと読んでみました。算数でも国語でも数え方は大切。問題文を作るという課題では単位はとくに大切になるものなぁ。国語でも漢数字を学習したので、これからは数え方も意識していきたいと思っているところです。とくに絵図鑑のページを紹介しようと思います。2019/10/07

しい

2
オールカラーなのでいいかなと借りてみたけれど、いつものドラえもんと話の内容が違うみたいであまり集中してませんでした。2019/09/25

梨子

1
読んでよかった度:★★★☆☆ 大人に役立つほどの内容ではないので星は少ないけど、小学生くらいまでのお子さんにはオススメ。 すべての漢字にひらがながふってあるので幼稚園児でも大丈夫。ほぼ漫画とクイズなので本が苦手な子でも読みやすい。 あまり積極的に本を読まない小2の次男も、大好きなドラえもんなのでしっかり読んでました。 珍しい昆虫は「頭」、サメは「匹」だけどイルカは「頭」、バラは「輪」だけどユリは「本」など、大人でも「へ~」と思えるものも。 おならは「回」だけど、臭いと「発」らしい。誰が決めたんだろう(笑)2018/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12846868

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。