宮澤賢治の聴いたクラシック

個数:

宮澤賢治の聴いたクラシック

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年06月04日 04時18分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ B6判/ページ数 95p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784094801866
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0873

内容説明

全16曲中8曲が世界初復刻!80年の時を超え追体験する賢治詩創造の原点!賢治遺愛の『牧神の午後への前奏曲』を含む、全16曲156分の心象宇宙、交響!

目次

第1章 賢治とクラシック、運命の出会い
第2章 バンド演奏の鮮烈な明暗
第3章 賢治の聴いた3種の「運命」
第4章 詩「小岩井農場」と『田園』、西域幻想
第5章 詩「告別」のオルガンの高鳴り
第6章 ゴーシュの幻影を追って
第7章 『銀河鉄道の夜』の音楽
第8章 最晩年の心象、死を見つめて
第9章 とてもモダンな賢治の耳

著者等紹介

萩谷由喜子[ハギヤユキコ] [Nozawa,Christfer N.]
音楽評論家。専門は日本のクラシック音楽受容史と女性音楽史。中央区民カレッジ講師

佐藤泰平[サトウタイヘイ]
オルガニスト。作家。宮澤賢治研究家。宮澤賢治レコードの体系的蒐集家。賢治の音楽をめぐるコンサート活動でも知られる

野澤,クリストファ・N.[ノザワ,クリストファN.]
世界的なSPレコードの蒐集家。音楽史並びに音楽教育史研究家。『SPレコード』誌の執筆者としても知られ、ヴァイオリンやホイッスリングの演奏にも秀でた。2013年8月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

宮澤賢治没後80年記念出版

今年は宮澤賢治の没後80年。この間に様々な賢治像が解明されてきたにもかかわらず、その音楽世界は主として童話・童謡的な世界のイメージに留まってきたように思われる。
しかし彼は、当時の最先端を行くクラシック・レコードのコレクターであり、そこから詩や童話創造への根源的インスピレーションを得ていることも多い。本企画では、長くその音源が得られなかった賢治所蔵のレコード音源を、佐藤泰平、クリストファ・N・野澤両氏から提供を受け、賢治の作品創造や生涯に即した視点から編集、2枚のCDに収録した。詩集「春と修羅」執筆に最初のエネルギーを与えたベートーベンの「運命」、童話「セロ弾きのゴーシュ」の背景にあるオーケストラ音の再現、「銀河鉄道の夜」の少年カムパネルラのイメージを喚起したと思われるピアノ曲「ラ・カンパネルラ」の特定など、賢治ファンには興味津々の内容。丹念な資料調査に基づいて、賢治の生涯と音楽の関係を浮き彫りにする萩谷由喜子の解説本を付す。装画は、賢治世界の光と風を描く第一人者・田原田鶴子。最高の布陣をもって、長く失われていた賢治の音楽体験、詩創造の根源の“心象宇宙”を再生させる!


【編集担当からのおすすめ情報】
・賢治自身が死の床で聴いた「牧神の午後への前奏曲」を、賢治遺愛のレコードから再生。 賢治最晩年の心境に肉迫する。
・全16曲中、8曲までが世界初復刻。「運命」「田園」「新世界」など、賢治が耳にした クラシックの名曲が、80年の歳月を超えて追体験可能に。
・最新の資料調査に基づき賢治の生涯と音楽を描く、読み応え充分の解説本付き。