ガガガ文庫<br> 地球外少年少女〈後編〉―はじまりの物語

個数:
電子版価格 ¥462
  • 電書あり

ガガガ文庫
地球外少年少女〈後編〉―はじまりの物語

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月06日 01時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 247p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784094530544
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『電脳コイル』磯光雄監督の新作を小説化

『電脳コイル」』から15年。
当時誰もが想像しえなかった「ARがある暮らし」を予見した、監督・磯光雄。
彼が次に見通すビジョンはーー「AIがある宇宙での暮らし」だった。

舞台は、インターネットも、コンビニもある「2045年の宇宙」。
日本の商業ステーション「あんしん」で、少年少女たちは大きな災害に見舞われる。

大人とはぐれ、ネットや酸素供給が途絶した「あんしん」から、自力での脱出を目指す子供たち。ときに仲間の、ときにAIの力を借り、生きるための行動を採る彼らは、史上最高知能AIが語った恐るべき予言の「真意」にたどり着く。

絶体絶命の状況下で、子どもたちは何に触れ、何に悩み、何を選択するのかーー。

『電脳コイル』の磯光雄監督、15年ぶりのオリジナルアニメ『地球外少年少女』を、『魔女と猟犬』のカミツキレイニーが、前後編構成で完全ノベライズ!

内容説明

ようやく大人たちと合流を試みる子供たち。しかし事故の全貌を知り呆然とする。商業彗星が破片を撒き散らしながら地球や「あんしん」に衝突しようとしていたのだ。それは殺処分されたはずのAI「セブン」の計画の一部だった…!セブンの復活を恐れるUN2.1からも攻撃目標と定められた子供たちは、ダッキー、ブライトと協力し、彗星と接続を試みるが、その最中で心葉のインプラントの寿命が迫る…!はたして登矢は彗星の落下を食い止め、心葉を助けることができるのか。子供たちの「未来」の行方は―。

著者等紹介

カミツキレイニー[カミツキレイニー]
2011年に第5回小学館ライトノベル大賞で『こうして彼は屋上を燃やすことにした』が大賞を受賞しデビュー

磯光雄[イソミツオ]
アニメーション監督、アニメーター。原作・全話脚本・監督を兼任したオリジナルTVアニメ『電脳コイル』は、初監督作品にして星雲賞などを受賞。また、アニメーターとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

23
ようやく大人たちと合流を試みる子供たち。しかし商業彗星が破片を撒き散らしながら地球や「あんしん」に衝突しようとしていることを知り、阻止しようとする後編。殺処分されたはずのAI・セブン復活を恐れるUN2.1からも攻撃目標と定められながら、大人たちと協力して彗星と接続を試みる子供たちの前に立ちはだかった意外な人物、そしてインプラントの寿命が迫る心葉。ギリギリの局面で何が最善なのか、運命を受け入れるしかないのか、難しい対応を迫られる展開でしたけど、どこまでも諦めない思いが引き寄せた結末はなかなか良かったですね。2022/02/18

ヤギ郎

12
人工知能がフレーム問題を突破できるように、人類もフレームを乗り越えることができるだろうか。宇宙旅行の父であるツィオルコフスキーは「地球は人類のゆりかごである。」という言葉を残した。宇宙という地球の外を経験した少年少女は人類の”ゆりかご”から飛び出すことができただろうか。ツィオルコフスキーの言葉は次のように続く。「しかし人類は(ゆりかごに)いつまでも留まっていないだろう。」2022/02/28

クナコ

8
初読。「電脳コイル」の磯光雄監督が贈る、少年少女×宇宙の物語のノベライズ。映画視聴済み。昨今話題に上るSDGsや人口過剰などのテーマを盛り込みつつも基本はハラハラドキドキの子どもたちの冒険。もう少し地球側との相互の繋がりや関わりのあるシーンがあったらもっと良かった気もする。とはいえ「電脳コイル」好きなら楽しめるだろう。子どもたちはみんな素直で可愛く、行動的。応援せざるを得ない。完全ノベライズだが、個人的には少しは小説オリジナルの要素が欲しかった。そうでないと、双方に触れる意味がない。2022/06/22

へ~ジック

4
前編が肉体の移動による冒険とするならば、こちらの後編は新知性の台頭や認知の確信による精神の新世界への移動という所か。そして前編と後編を通して読んで思ったのは、この話が繰り返しの物語だという事。肉体は一度火星まで到達し、精神は全知の予言に至る。限界を超えて崩壊し、残された欠片から再び飛び立つのだ。雌伏と雄飛の繰り返し。これはその内の一つを描いた物語なのだ。2022/03/15

くもり

4
面白かった。でもまだ読み込みが足りなかったっぽい。あまり理解できてない部分もちらほら。殺す気が無かったというなら、何で子供を守ってた彼女は自ら犠牲になっちゃったのかなってのは引っかかってる。最後みぃーなが一人勝ちしてんのは笑ったわ。でも気持ちの良いラストを迎えてて良かった。2022/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19274971

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。