ガガガ文庫<br> ハル遠カラジ〈4〉

個数:
電子版価格 ¥577
  • 電書あり

ガガガ文庫
ハル遠カラジ〈4〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月18日 19時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 440p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784094518740
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人とロボットの親子の旅路、ついに終着へ。

「……次はこの子が、自らの幸福を掴む番ですから」

ライドーに連れ去られたハルの行方を追い、極東のウラジオストクに到達したテスタとイリナ。

そこでは生き残った人間たちが、飢えや貧困に苦しみながらも、地下に街を築いて生活していた。

ハルの行方の手がかりをつかむため、さらには知性機構に損傷を負ったアニラの修理のために、表向きは地下住人に従うテスタたち。

テスタは人工知能たちが作り上げた宗教機構・Atheistの構成員が地下にいることを知り、その者と繋がりを持つというAI研究者・オルガとの接触を待ち望む。しかし、突如現れたダスマンの襲来によって、テスタは地下に漂う不穏の正体を知ることに。

さらには、人間を消失させたバベルの真の目的にも期せずして近づいていく。

バベルとはいったい、何者だったのか。

彼女はなぜ、言語を放棄した『人間』を造ろうしたのか。

真実に触れたとき、テスタは思いがけない形で主人との再会を果たすことになる。

苦悩と罪、後悔と自責。

その末に、テスタが親として下した最後の決断。

獣だった娘と、病を患った軍用ロボットの親子の旅路は、ついに、終着を迎える。

内容説明

ライドーに連れ去られたハルの行方を追い、極東のウラジオストクに到達したテスタたち。そこでは生き残った人間たちが貧困に苦しみながらも、地下に街を築いて生活していた。ハルや故障したアニラのために、表向きは地下住人に従うテスタ。しかし突如襲来した白髪によって、地下全体に漂う不穏を知ることに。さらには、人間を消失させたバベルの真の目的にも期せずして近づいていく。やがて果たされるハルとの再会を経て、テスタは最後の決断を下す。獣だった娘と、病を患った軍用ロボットの親子の旅路は、ついに終着を迎える。