小学館文庫<br> 松下幸之助翁82の教え―私たち塾生に語った熱き想い

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり

小学館文庫
松下幸之助翁82の教え―私たち塾生に語った熱き想い

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年01月23日 03時29分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094178319
  • NDC分類 159

内容説明

低迷する日本の景気。だが、恐れることはない。我々日本人は、これまでも幾多の困難を乗り越えてきたではないか。経営の神様と言われた松下幸之助は、生前、自ら設立した松下政経塾の塾生たちに語りかけた。「君らもな、社会の本当の姿を学ぶためには、本の中からだけではまったく足らんで。本はあくまで空論やな。現実はもっと違うな。それを君らに話そう」自ら汗して自分を高める努力の先にこそ、未来がある。松下翁の言葉には、日本人が目指すべき道がいまなお示されている。塾生だった著者が直接聞いた珠玉の82講。

目次

第1章 会社を元気にする三十六講(二十人に一人、これがわかる人がいるのや;いろいろ考えながら眠らんとあかんな ほか)
第2章 日本を建て直す十六講(この塾を開いた価値がある;西洋とアジアの橋渡しになる命運が、日本にはあるのだ ほか)
第3章 自分を高める三十講(相手を誹謗したり、中傷したりしたらだめや;僕も死んだら神様や ほか)

著者紹介

小田全宏[オダゼンコウ]
1958年、滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業後、83年、第四期生として松下政経塾入塾。86年より、「ルネッサンス・ユニバーシティ」代表として、多くの企業で教育実践活動を展開。また日本政策フォーラム「首相公選の会」代表としても知られる

出版社内容情報

政経塾塾生を前に松下幸之助が語った人生哲学の奥義。

「素直な心で衆智をあつめ、自修自得で事の本質を究め、日に新たな生成発展の道を求めよう」(松下政経塾訓)──松下翁が政経塾塾生に語った講義録は、不況にあえぎ自信を失った日本人に元気を与えてくれる。塾生として松下翁の生の声に感動した筆者が、「会社を元気にする」「自分を高める」「日本を建て直す」という3つのキーワードでまとめた珠玉の講話集。