小学館文庫<br> 旅の終わり、始まりの旅

個数:

小学館文庫
旅の終わり、始まりの旅

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年09月17日 21時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 186p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094087055
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

高校の卒業旅行で、太宰治が好きな作家志望の親友と太宰の軌跡を辿る『泣く女』。訳ありの過去を持つ恋人たちが、とある古びた教会で神父に独白する『捨て子たちの午後』。男二人旅の道中で、耳の聴こえない少女と出会い、失踪した少女の母がいる恐山へと向かう『下北みれん』。事故で亡くした婚約者を供養するため、恋人が五所川原にある不思議な霊場を訪れる『死霊婚』。風変りで有名な民俗学者とその教え子が、弘前へフィールドワークに出かける『寄り道』。本州最北端の地を舞台に、五人の人気作家が実際に旅をして描いた、読めば旅に出たくなる恋+αのアンソロジー。

著者等紹介

井上荒野[イノウエアレノ]
1961年東京都生まれ。『切羽へ』で直木賞、『そこへ行くな』で中央公論文芸賞受賞

島本理生[シマモトリオ]
1983年東京都生まれ。2003年、野間文芸新人賞を受賞

西加奈子[ニシカナコ]
1977年イラン、テヘラン生まれ。『通天閣』で織田作之助賞受賞

嶽本野ばら[タケモトノバラ]
京都府生まれ。2003年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』で連続三島賞候補

夏川草介[ナツカワソウスケ]
1978年大阪府生まれ。2009年『神様のカルテ』で第十回小学館文庫小説賞を受賞し作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

5人の人気作家による北の果ての恋・物語!

2年前の夏、5人の人気作家が北の果てを訪れ、旅の物語を書いた。
旅の目的は、失恋の準備、過去との決別、高校最後の思い出づくり、不思議な死の習俗の探求などさまざま。
旅は出会いを用意し、けれど、出会いがあればいつか別れがおとずれる。旅は何かの終わりでもあるし、そして、何かの始まりでもある――そんな5人5様の出会い+別れ+αを描いた、素敵な旅のアンソロジーです。
この本を手にとって、旅に出かけてください♪

井上 荒野[イノウエ アレノ]
著・文・その他

島本 理生[シマモト リオ]
著・文・その他

西 加奈子[ニシ カナコ]
著・文・その他

嶽本 野ばら[タケモト ノバラ]
著・文・その他

夏川 草介[ナツカワ ソウスケ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件