小学館文庫<br> すべては海になる

電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
すべては海になる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 269p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094084283
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夏樹は二十七歳、独身。都内の書店で働くようになってから五年たつが、いまだにアルバイトのままだ。彼女は十七歳のときに援助交際の経験があり、いまでも人間関係がうまく築けないでいた。寂しさを紛らわすため、既婚者や出版社の営業の男性と付き合うが、心の隙間は埋まらない。ある日、夏樹は店で中年女性の万引きを目撃する。大学教授の妻である彼女の家を訪れた夏樹は、高校生の息子・光治と出会う。学校でのいじめに耐えながら、気丈に崩壊家庭を立て直そうとする光治に、夏樹は強く心を惹かれる。著者が監督した同名映画の原作小説。

著者等紹介

山田あかね[ヤマダアカネ]
東京生まれ。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。フリーのテレビディレクターとして活躍。2003年『ベイビーシャワー』で小学館文庫小説賞を受賞。『すべては海になる』を原作とした同名作品で映画監督デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

27才、独身、書店員。10年前は援助交際をしていた「わたし」。もはや情事にも物語にも満足できなくなった心のドアを登校「不」拒否の少年が叩いた。佐藤江梨子主演・同名映画の原作本。解説・東大教授上野千鶴子。