小学館文庫<br> 二度目のノーサイド

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

小学館文庫
二度目のノーサイド

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月01日 00時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094084092
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

元実業団ラガーマンの桐生は仕事にも家庭にも中途半端な生活を送っている中年会社員。同点の末、くじ引きで負けた最終試合が忘れられない。そんな時、元マネージャーだった同僚の死を知る。「俺はこのままでいいのか」スポーツキャスターになった者、田舎で教師になった者、問題のある金融会社に入り、警察に追われている者…。予算削減による廃部以来、離散していたチームメイトたちと、もう一度あの日の試合に決着をつけるために、連絡を取り始めた桐生。果たして再試合を迎えることはできるのか。

著者等紹介

堂場瞬一[ドウバシュンイチ]
1963年生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説を執筆。2000年『8年』にて第十三回小説すばる新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユザキ部長

90
諦めるのか?致し方ない事として受け入れられるのか?いや、まだまだ足掻いてみせる。けじめを、折りあいをつけたいと二度目を作る。確かにあの時あの場所での試合は一度きりだったのかも知れない。馬鹿みたいな事。けれど遠回りしてでもチャレンジする。それほどまでに情熱は深い。さぁ、叩き潰せ!2016/04/19

ナミのママ

54
警察小説は何冊か読んでいるものの、堂場さんのスポーツ小説ははじめて。面白いと聞いていましたが、なるほど!これは癖になりそうです。タイトルとあらすじからストーリーはなんとなく想像でき、軽い気持ちで読み始めたのですが、止まらなくなってしまいました。中度半端で辞めてしまったもの、あります。そして見ないふりしているんですよね・・。結構、痛いところを突かれました。良かったです。2017/09/03

30
20年続けてきてスポーツを辞めた時、やっぱり寂しいんだけど、気持ちを切り替えなくちゃいけないし、新しい一歩を踏み出さないといけない、と強く思いました。自分の生活が変わるだけで、人生は続くし、養うべき家族もいる。よし新しい生活に没頭しよう。ただ9月にW杯を見たり、後輩たちが自分が立てなかった舞台で活躍しているのを見ると、どこか血が騒いだり、羨ましい気持ちが芽生えてきて、むしろその事に驚きました。そして思いました。私はやっぱり本質は「~選手」なのかなぁ。そこに嘘はつけないかも。本が好きなことと同じです。2016/03/05

Walhalla

26
ラグビー小説は希少なので、読まずにずっと取っておいたのですが、ジャパンラグビートップリーグ2016/17シーズンの開幕日に合わせて読みました。『ラグビーは少年を最も早く大人にし、大人に永遠の少年の魂を抱かせる』。かつてのフランスの名選手の言葉だそうですね。タイトルにもなっている「ノーサイド」の精神が、ラグビーが素晴らしい競技であることを表していますね。2016/08/30

bluesky

23
堂場さんのスポーツ小説はやっぱりいいな〜今回はラグビー!ワールドカップもあるのでルールよくわかってないけど〜と思いながら読みましたが、知らない人でもしっかり物語に入り込めます。ちょっと出来すぎ感はありましたが、ラストは一緒にスタンドで風を感じてる気になりました。2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475484
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。