小学館文庫
朝日新聞の「調査報道」―ジャーナリズムが追及した「政治家とカネ」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094051315
  • NDC分類 070.4
  • Cコード C0195

内容説明

「記事に、ひとつの事実の誤りがあっても、調査報道は成りたたない」。ジャーナリストを志す者、また広く報ずる側に立つ者は、本書で繰り返されるこの提言を肝に銘じなければならない。そのために、どんな取材をし、裏付けを取り、資料を精査するのか。本書は、「発表」されたものではなく「調査」によって政治の混迷、腐敗を糾していった体験の記録である。体験のなかからは多くの教訓も生まれた。「スクープは端緒こそすべて」「独断するな」「得意の分野を持つよう心掛けよ」―新聞・出版・放送人、またマスコミのあり方を憂うるすべての読書人に捧げる。

目次

序章 政治家とカネ
第1章 自民党「崩壊」の引き金―リクルート事件
第2章 政商の実像―福島交通・小針暦二社長の素顔
第3章 政・官・業癒着の構造―談合を追う
第4章 食いつぶされた金融機関―平和相互銀行事件

出版社内容情報

報道とは何か? またジャーナリズムの果たす役割とは?

「記事に、ひとつの事実の誤りがあっても、調査報道は成りたたない」。ジャーナリストを志す者、また広く報ずる側に立つ者は、本書で繰り返されるこの提言を肝に銘じなければならない。そのために、どんな取材をし、裏付けを取り、資料を精査するのか。本書は、「発表」されたものではなく「調査」によって政治の混迷、腐敗を糾(ただ)していった体験の記録である。体験のなかからは多くの教訓も生まれた。「スクープは端緒こそすべて」「独断するな」「得意の分野を持つよう心掛けよ」??新聞・出版・放送人、またマスコミのあり方を憂うるすべての読書人に捧げる。