• ポイントキャンペーン

小学館文庫
そうだ!人生2回ある

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094050813
  • NDC分類 366.29
  • Cコード C0195

内容説明

“終身雇用はあたり前”という会社と個人の蜜月時代は終わり、現在はまさにリストラ時代。しかし、リストラは憂うべきものとは限らない。自分次第で男が2度生きるためのチャンスにもなるのだ。本書で紹介する5つの物語は、停滞した日本社会の中で、一度は不安・焦り、虚しさを味わった中高年の男たちが、さまざまな問題に直面しながらも、会社では味わえなかった別の生き甲斐をどうやって見つけていったかのレポート、リストラに悩むサラリーマンたちへの心の処方箋である。

目次

第1話 禅の修行僧―「ひとりでも退屈しない」松井昭淳(51歳)
第2話 鍵師―「人生、飄々と生きるべし」奥野燕児(62歳)
第3話 ちょうちん職人―「地元につながる」刈部昭(51歳)
第4話 ペンション経営―「夫婦の理解が深まった」谷川勝(56歳)
第5話 居酒屋―「りすとらん元気交差店」瀬村彰男(49歳)
まとめ リストラを機に「自分探し」を始めた男たちの光と影

出版社内容情報

リストラをもうひとつの人生と考える最大のチャンス!

 “終身雇用は当たり前”という会社と個人の蜜月時代は終わり、現在はまさにリストラ時代。しかし、リストラは憂うべきものとは限らない。自分次第で男が2度生きるためのチャンスにもなるのだ。本書で紹介する5つの物語は、停滞した日本社会の中で、一度は不安・焦り、虚しさを味わった中高年の男たちが、さまざまな問題に直面しながらも、会社では味わえなかった別の生き甲斐をどうやって見つけていったかのレポート、リストラに悩むサラリーマンたちへの心の処方箋である。