小学館文庫<br> 吉良の言い分〈上〉真説・忠臣蔵

  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
吉良の言い分〈上〉真説・忠臣蔵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094048414
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

浅野内匠頭長矩は眼を異様に血ばしらせ、腰の小刀をぬいたかとみるや、「おのれ、上野。このあいだの遺恨、おぼえたるか…」大声で叫び、義央の肩先に斬りかかった。かの有名な忠臣蔵の悪役、吉良上野介は実は、地元では温厚な名君であったという。上杉藩から迎えた妻・富子とのなれそめを初め、知られざる上野介の姿と言い分を描き、松の廊下での刃傷事件の意外な真相に迫る話題のベストセラー、遂に文庫化。

出版社内容情報

忠臣蔵の悪役・吉良上野介の意外な実像と刃傷事件の真相。

 浅野内匠頭長矩は眼を異様に血ばしらせ、腰の小刀をぬいたかとみるや、「おのれ、上野。このあいだの遺恨、おぼえたるか……」大声で叫び、義央の肩先に斬りかかった。かの有名な忠臣蔵の悪役、吉良上野介は実は、地元では温厚な名君であったという。上杉藩から迎えた妻・富子とのなれそめを初め、知られざる上野介の姿と言い分を描き、松の老化での刃傷事件意外な真相に迫る話題のベストセラー、遂に文庫化!