小学館文庫<br> 血ぬられた財宝―世界史ミステリー

電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
血ぬられた財宝―世界史ミステリー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094047615
  • NDC分類 204
  • Cコード C0193

内容説明

世界各地に眠る秘宝・財宝は、人々を誘うロマン溢れる存在であると同時に、恐るべき呪いや陰謀、怨念に支配された災いの元でもあった。黄金に彩られたインカの太陽の神殿、海賊キッドが財宝を隠したという「宝島」、海中に今なお眠るタイタニック号の財宝、三〇人以上の犠牲者を出したツタンカーメン王の墓、各地で血みどろの争奪戦が繰り広げられているナチス・ヒトラーの秘宝、そして、錬金術師が実現したという黄金製造・不老長生の技術…。人々はなぜ、命の危険も顧みずに宝探しの冒険へと駆り立てられるのか?財宝の持つ妖しい魅力の謎に迫る。

目次

1 怨念が誘う怪奇(ツタンカーメン王の呪い―死神アヌビスが導く死を呼ぶ黄金;呪われた三つのダイヤ―数奇な運命に翻弄される不思議な宝石 ほか)
2 錬金術の妖しい魔力(フラメルの奇跡―金属変成を可能にする「賢者の石」の秘密;天才医師パラケルスス―悪魔と秘密結社が彩る魔術師の欲望 ほか)
3 封印された恐るべき真実(レンヌ・ル・シャトーの聖杯伝説―四枚の文書に隠されたキリスト復活の謎;ナチス・ヒトラーの秘宝―謎が謎を呼ぶ血ぬられた資産 ほか)
4 果てしなき黒い欲望(インカの秘宝―略奪の果てに消えた太陽の神殿の財宝;黄金を作る老人―金塊に秘められた執念の狂気 ほか)

出版社内容情報

呪い、陰謀、怨念、野望…財宝をめぐる恐るべき謎

 古今東西、人々は命の危険も顧みず、富とロマンを求めて世界中の秘宝・財宝を探し求めてきた。黄金に彩られたインカの太陽の神殿、海賊キッドが財宝を隠したという「宝島」、海中に今なお眠るタイタニック号の財宝、消息不明のナチス・ヒトラーの秘宝、そして錬金術師が可能にしたという黄金製造・不老長生の秘術……。人類を冒険へと駆り立ててやまない、宝探しの魅力とはいったい何なのか? 秘宝・財宝の持つ妖しい魔力の謎に迫る!