小学館文庫
水木しげるの憑物百怪〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094047028
  • NDC分類 387
  • Cコード C0195

出版社内容情報

オールカラー図版で味わう水木ワールド

 妖怪研究家としても知られる著者が、「憑物」について考察。日本各地に起こった、古今東西の憑依現象を独自に解釈し、見事に絵画化した。豊かな想像力から紡ぎ出される伸びやかな筆さばきと巧みな語り口が、我々を異界へと誘ってやまない。図版をオールカラーにして、50音順に配列。上巻は「青鷺火」から「三味長老」まで。下巻は「十二神将」から「悪い風」まで。

内容説明

多くの妖怪漫画を描き、妖怪研究家としても知られる著者が、「憑物」について考察。日本各地に起こった、古今東西の憑依現象を独自に解釈し、見事に絵画化した。豊かな想像力から紡ぎ出される伸びやかな筆さばきと巧みな語り口が、我々を異界の世界へと誘ってやまない。文庫化にあたって、図版をオールカラーにした決定版。全二巻。上巻は、「青鷺火」から「三味長老」までを収録。

目次

青鷺火
青女房
アゼハシリ
安宅丸
後追い小僧
アンモ
池の魔
いそがし
鼬寄せ
イチジャマ〔ほか〕

著者等紹介

水木しげる[ミズキシゲル]
1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。復員後、紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。1965年、「別冊少年マガジン」に発表した『テレビくん』で第六回講談社児童まんが賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜間飛行

48
稲荷明神を降ろすと現れる狐狸をアゼハシリというらしいが、その中にお福・吉兵衛という仲良し狸がいて、これに憑かれた人は妙な所作をするそうだ。水木さんの描く憑物は愛嬌があり、午後の山道に現れる後追い小僧など飴玉の一つもあげたくなってしまう。か思えば、川に行くと憑いてくる「川虎(かわこ)」など虫みたいな奴もいて、ある人が腹にできた梅干し大の腫物が逃げ回るのを見て川虎だと思い、錐を突き立てたらキューと言ったそうだ。こうした憑物は自他の境界にいて自でもなければ他でもなく、捕えた所でせいぜい声や影しか残さないだろう。2017/04/27

矢代

7
取り敢えず癒されようと思って。2015/05/25

ななこ

5
水木さんの妖怪モノの中では、割と大人向けの内容で読み応えがあります。郷土史や風俗史の教科書的な部分もあって、下巻も早く読んでみたいです。絵もカラーでとても幻想的。つい何度も眺めてしまいます。2011/08/03

Haru

4
本来形のない憑物を、水木しげるさんが、図像化して伝承などから解説しています。一枚一枚、まさに水木しげる的に繊細な背景と、どこか間の抜けたような憑物の正体が描かれていて、じっくり味わいたくなる絵ばかりです。「アゼハシリ」や「インネン」に憑依された婆さんの顔が…コワイ。2017/11/25

寺内町亭小天狗

3
水木しげるといえば、妖怪漫画の第一人者であると言っても過言ではないでしょう。妖怪と同様な生き物、憑物―人間及び他の動物に憑依する霊―について、彼は日本全国にある憑物を絵にして解説しています。上巻で興味をもったのは、”コックリさん”です。発祥地や凌空野人氏の著書『西洋奇術狐狗狸怪談』に明治17年に原型が伝えられたという。下巻につづく。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/127429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。