小学館文庫<br> ドキュメント「原潜爆沈」―「クルスク」の10日間

小学館文庫
ドキュメント「原潜爆沈」―「クルスク」の10日間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094046120
  • NDC分類 556.97
  • Cコード C0195

出版社内容情報

事実に基づいた緊迫のノンフィクション・ノベル。

 2000年8月12日に発生したロシアの原子力潜水艦「クルスク」の沈没事故は、その10日後、乗組員全員の死亡という最悪の結末を迎えた。財政悪化で危機管理すらできないのに、いまだ大国意識を捨てきれないロシア軍は、沈没原因を他国艦船との衝突と主張。当初、他国の救援をも拒んだその姿勢の背後に、何があったのか。そして、深海の密室で何が起きていたのか。諜報員の乗船、魚雷爆発、放射能漏れの危機──。ロシア、アメリカの軍事筋中枢から得た事実を基に構成し、密室の艦内と知られざる国際情報戦をリアルに描いたノンストップ・ハードアクション。

内容説明

2000年8月12日に発生したロシアの原子力潜水艦「クルスク」の沈没事故は、その10日後、乗員全員死亡という最悪の結末を迎えた。財政悪化で危機管理すらできないのに、いまだ大国意識を捨てきれないロシア軍は、沈没原因を他国艦船との衝突と主張。当初、他国の救援をも拒んだその姿勢の背後に、何があったのか。そして、深海の密室で何が起きていたのか。諜報員の乗船、魚雷爆発、放射能漏れの危機―。ロシア、アメリカの軍事筋中枢から得た事実を基に構成し、密室の艦内と知られざる国際情報戦をリアルに描いたノンストップ・ハードアクション。

目次

第1日 2000年8月12日・土曜日(栄光の「海軍国家」;リャーチン艦長 ほか)
第2日 2000年8月13日・日曜日(赤い軍部の奢り;艦長即死 ほか)
第3日 2000年8月14日・月曜日(ロシア軍の秘密情報回路;反政府派メディア ほか)
第4日 2000年8月15日・火曜日(老朽化した救助船;クルスク発見の第1報 ほか)
カタストロフィー プーチン体制の大破局(開けられていた脱出用ハッチ;11気圧の冷水塊 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sasha

0
限りなくフィクションである。「ドキュメント」ってつけるな。2009/11/08

うたまる

0
2000年8月に発生したロシアの原子力潜水艦沈没事故のドキュメント。”乗員全員死亡”と書いてあるのに事故当時の艦内の生々しい会話が再現できているため、てっきり日誌や録音テープが引き上げられたのだと思っていた。ところが、”あとがき”を読んでビックリ。「ファクトを核に据えるが、どうしても不可視の部分をフィクションで補うことによって、より真実に迫ろうとするファクションという新ジャンルである」だと?世にこのファクションなるものへのニーズがどれほど存在するのかは知らないが、せめて読書前に分かるよう明示しておくべき。2020/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/271472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。