小学館文庫
日本国憲法・検証1945‐2000資料と論点〈第5巻〉九条と安全保障

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094045352
  • NDC分類 323.14

内容説明

護憲・改憲論の最大争点は「九条」だ。九条はなぜ日本国憲法の規定となり、いかにして作られたか。日米安保条約、変化した自衛隊、改憲論争史、冷戦後のあるべき安全保障論を含め、斬新な視点で検証し、見直しを迫る。冷戦後の新たな「戦争」の時代に、日本の選択はどうあるべきか。議論をする前に必読の書。

目次

第1章 戦争放棄条項の誕生の背景とは何か
第2章 九条はいかに作られたか
第3章 九条はどう受けとめられたか
第4章 日米安保体制はいかにして成立したか
第5章 自衛隊とは何か
第6章 日米安保条約とは何か
第7章 日米安保条約はどう変質してきたか
第8章 九条改正論議はどうなされてきたか
第9章 憲法九条と安全保障

出版社内容情報

憲法論争の最大争点「九条&安全保障」を徹底検証!

 護憲・改憲論の最大争点は「九条」だ。九条はなぜ日本国憲法の規定となり、いかにして作られたか。日米安保条約、変化した自衛隊、改憲論争史、冷戦後のあるべき安全保障論を含め、斬新な視点で検証し、見直しを迫る。冷戦後の新たな「戦争」の時代に、日本の選択はどうあるべきか。議論をする前に必読の書。