小学館文庫 新撰クラシックス<br> 泣いた赤おに

個数:
電子版価格 ¥583
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫 新撰クラシックス
泣いた赤おに

  • 浜田 広介【著】
  • 価格 ¥586(本体¥533)
  • 小学館(2004/06発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月28日 12時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094042115
  • NDC分類 913.8
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大人にこそ読んでほしい、珠玉の「ひろすけ童話」集

 日本のアンデルセンとも称される浜田廣介。彼は、子供心だけでなく、大人の心にも訴える善意や理想に基づいた名作を数多く遺し、それまで勧善懲悪の形式でしか存在しなかった子供の読み物に新風を起こした。本書には、赤鬼のために自己を犠牲にする青鬼の友情の物語「泣いた赤おに」のほか、外見の恐ろしい龍が、少年に優しい心を注がれたことで、子供達のために尽くそうと決意する「りゅうの目のなみだ」等、23話を収録。「ひろすけ童話」文庫初登場。

内容説明

日本のアンデルセンとも称される浜田広介。彼は、子ども心だけでなく、大人の心にも訴える、善意や理想に基づいた名作を数多く遺し、それまでは勧善懲悪の形式でしか存在しなかった子どもの読みものに新風を起こした。本書では、人間たちと友達になりたい赤おにと、赤おにのために自己を犠牲にする青おにの友情の物語「泣いた赤おに」、恐ろしい外見を持つ龍が、少年に優しい心を注がれて、子どもたちのために尽くそうと決意する「りゅうの目のなみだ」などの代表作を含む、「ひろすけ童話」珠玉の二十三篇を収録した。

著者等紹介

浜田広介[ハマダヒロスケ]
1893(明治26)年、山形県東置賜郡に生まれる。早稲田大学在学中、大阪朝日新聞の懸賞新作お伽話入選を機に、児童雑誌「良友」に寄稿。大学卒業後「良友」「幼年の友」の編集者となるが、1923(大正12)年より執筆に専念。千篇余りの童話、童謡を書き、児童文学の盛況をもたらす先駆者的役割をつとめた。児童文化賞、野間文芸奨励賞、文部大臣賞など、受賞歴多数。1973(昭和48)年、没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

友蔵

10
地元の作家という事で手に取りました。彼の童話は動物と自然が溢れていて、その中で優しさや生きる上で大事な考えをさり気なく教えてくれる。童話を読んでいると雪の山や田園風景のイメージが一杯に広がってくる。私の見ている風景はかつて廣介が見た景色なのだと思うとじんわりと温かいものを感じる。後の世代が見る景色も同じであって欲しいと願う。是非、子供達に読み聞かせをして欲しい作品だと思う。2018/06/01

不羈

3
幼少時のおもひで。。。原点回帰。ひとにやさしく。2011/11/08

YU MUNA

1
米沢に旅した時に記念館で購入した。覚えていた話もあれば、初見の話もあり、たまに童話を読むと心が穏やかになる。2016/12/12

べにくらげ

1
授業で取り上げられた<泣いた赤おに>が読みたくて買ったのですが、どの話も楽しく読めました。<りゅうの目のなみだ><琴の名人>は心がほっこりあたたまります。2011/07/07

あお

1
大好きな絵本です。2011/01/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/236416

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。