小学館文庫<br> 哲学するネコ - 文学部哲学科教授と25匹のネコの物語

電子版価格 ¥473
  • 電書あり

小学館文庫
哲学するネコ - 文学部哲学科教授と25匹のネコの物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094023916
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0110

出版社内容情報

娘たちが救ってくるネコで家の中は爆発寸前。でも教授は考えます。「学ぶべきはネコ的な生き方だ」と。

保健所に逮捕直前のネコ、フタの開いてない猫缶とともに捨てられたネコ、果ては車に飛び込んできたネコ… 救いの手を差しのべた25匹のネコたちで、サコンジ教授の家は爆発寸前! でも、どんなネコにも公平にやさしく接する教授は、哲学者以上に哲学している「ネコの真実」を発見したのである。「戦争は平和のためにある…ネコのケンカにもわけがある」ほか笑って、ホロッとする、ネコ好きのための一冊。解説・久美沙織。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アナーキー靴下

51
哲学者左近司先生による、ご自宅の二十数匹の猫たちと、3人の娘さんと、哲学についてのエッセイ。第一章は猫の話が中心で、猫のふるまいに哲学を見出だしてしまう人の書いたエッセイ、といった趣向だが、第二章、第三章は哲学寄り。デカルトが「考えた」ばかりに、愛しいものとの連帯が失われた、なんて考えたこともなかった。独りぼっちが心細い、は時代遅れで、とっくの昔に人間が独りぼっちであることは決まったのである、と、言い切られてみると清々しい。期限があるからこそ期限のないつもりで、いま、そして、またいま。軽妙な語りで深い本。2021/02/21

Foufou

7
猫愛全開の書きぶりにバブルの躁の残滓が漂う。大半はマザコンと断罪される「男共」は周到に排され、二十匹の猫たちをめぐる哲学教授と東大出と思しき三人娘の生活の描写に筆が燥ぐ。しかし人は得てして他人の燥に冷淡なもの。著者の主張は、ネコ的な飄逸たる生き方を目標に人は理性を駆使すべきだ、と。飄逸とは、来るべきテロス(死)に煩わされることなく今を生きる態度の、私なりの意訳。私は生き物に対しては断然川端の『禽獣』派。イヌ様ネコ様のおヒトは敬遠しがち。ジャニオタや韓流淑女と一脈通じると感じるが、どちらにも怒られるか…。2021/03/03

shiro

1
想像以上に良書でした。ねこの生き様を哲学と絡めるなんて素敵な発想ですね。最高ネコカルテットとかシャムネコクォータートリオとか若干昭和感漂うネーミングセンスも私にはハマった。2020/06/28

tamalin7

1
哲学を専門とする作者が猫とどう接するか興味があった。原文より引用、”猫は日溜まりで寝ているときも、獲物を狙っているときも、互いにじゃれあっているときも、その時々の「いま」の重みを楽しめるのだ。”なるほど、でも猫との接し方は凡人である我々と同じだ。2019/03/03

kenkou51

1
哲学は同化すること。例えば、ルネサンス時のイタリアの学者マルシリオフィチーノが燃える恋に苦しんでいる若者にそれ以上相手を好きにならない方法として、相手と目を合わせないことを忠告する。その理由が実におもしろい。科学的根拠は全くないが、今読んでもありえるかもと思ってしまう。2014/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/53091

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。