ふじようちえんのひみつ―世界が注目する幼稚園の園長先生がしていること

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ふじようちえんのひみつ―世界が注目する幼稚園の園長先生がしていること

  • 加藤 積一【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 小学館(2016/07発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 21時57分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093884952
  • NDC分類 376.121

内容説明

テレビ放映で大反響!ユニークな形の園舎の型破り園長先生が伝える子どもが心ゆたかに育つために大切なこと。“世界で最も楽しい幼稚園”の園長先生が贈るかつて子どもだった大人に贈る珠玉のメッセージ!

目次

1章 園舎自体が育ちの道具(地震と老朽化;佐藤可士和さんとの出会い ほか)
2章 ふじようちえん式モンテッソーリ・メソッド(子どもは自ら育つ力を持っている;マリア・モンテッソーリと障害児教育 ほか)
3章 幼稚園での子どもたち(子どもと過ごすということの価値;親が知らない幼稚園での子どもたち ほか)
4章 子育てに「正解」はない(お母さんに「寄り添う」ということ;「早くしなさい!」と怒鳴ってしまう ほか)
5章 働く先生が幸せになること(採用するのは熱意ある「ふつうの人」;担任クラスを持てる条件 ほか)

著者紹介

加藤積一[カトウセキイチ]
1957年東京都立川市生まれ。法政大学社会学部卒業。一般企業勤務から会社経営を経て、ふじようちえん園長に就任。多くの社会経験と子を持つ親としての目線で、幼児教育の重要性を伝えている。ふじようちえんの他、東京都認証保育所「スマイルエッグス」、託児所「スマイルキッズ」も経営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

子どものときはしっかり子どもをしよう!

"世界でもっとも楽しい幼稚園"ともいわれる幼稚園が、東京・立川にあります。
その名は「ふじようちえん」。
ドーナツ型の不思議な園舎。
子どもたちはその屋根の上で歓声を上げながらぐるぐるかけまわります。

園長先生の想いを整理し、ディレクションしたのはクリエイティブディレクターの佐藤可士和さん。
園舎のデザインを手がけたのは手塚貴晴さんと手塚由比さんです。
この手塚さんが海外のプレゼンテーションイベント「TEDトーク」で、この園を紹介したところ、
世界中から視察が連日殺到。世界的にその名が知られたのです。

園長先生の加藤積一さんはとてもユニーク。
「子どもは自らを育てる力をもっている」というモンテッソーリ教育をベースに、
自由な環境の中、自ら選び自ら行動する子どもになってもらいたいと日々奮闘しています。

「子どもは自分のできる限界を知っている」
「雑音の中での集中力こそが一生使える集中力」
「子どものときしっかり子どもをすると、しっかりした大人になる」…
園長先生の金言とともに、
園長先生しか知らない「ふじようちえんのひみつ」を紐解きます。

加藤 積一[カトウ セキイチ]