• ポイントキャンペーン

メタルカラーの時代〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 616p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093794244
  • NDC分類 502.1
  • Cコード C0095

内容説明

謎に満ちた和歌山ヒ素カレー事件。犯行現場のカレー鍋と容疑者宅の台所容器の亜ヒ酸は同じか?原子構造まで見える世界最大の放射光施設「スプリング8」に持ち込まれた極微量の亜ヒ酸が示した驚きの真実とは?技術大国=日本は力を失ったのか。メタルカラーへの信頼を取り戻し元気な日本を創造するために贈る知恵と興奮の証言シリーズ第4弾。

目次

第1章 大災害の教訓
第2章 モノ作りの舞台
第3章 美しき大科学
第4章 音と光のデジタル世紀
第5章 百年目のメタルカラー都市
第6章 大自然に学ぶ感性

出版社内容情報

阪神・淡路大震災[阪神高速]20か月の空前復旧工事、和歌山ヒ素カレー事件の謎を解いた[スプリング8]、砂時計の砂が宙で停止する[地下なる宇宙開発]など縁の下の力持ちから宇宙規模の先端技術まで、すべてを明かす創造的技術者たちのモノ作り奮闘記。

阪神・淡路大震災から5年。メタルカラーたちの創造物はどのように蘇ったか。また、「スプリング8」や「地下無重力実験施設」など日本がこれまで弱いとされてきた基礎科学の発展を支える巨大施設の建造もリポート。産業の米「鉄」づくりの驚異の現場技術や、「メタルカラー都市」宣言をした北九州市の先端技術企業の秘密にも迫り、最後はアマゾンの大自然から学んだ「環業革命」の未来コンセプトまで。日本が取り戻すべき「モノ作り」の誇りがここにある。