アクロバット

個数:

アクロバット

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 414p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784093564014
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

ラストのどんでん返しにカタルシス120%

 逆スパイや内部不正の監視など防諜活動が任務のCIA精鋭チーム“アクロバット”。そのメンバー6人は、ある朝突然、CIAの防諜部担当副長官デントンから中国への軍事機密漏洩の嫌疑をかけられ、組織からの逃亡を余儀なくさせられる。ちりぢりに散ったメンバーが再会を約束した地下鉄タイムズ・スクエア駅だったが、そこで待ち受けていたデントンの刺客によって、チームのリーダー、トムが命を落とす。身に覚えのない容疑、陰謀の張本人は一体誰なのか??組織から追われる不安と困惑のなか、逃げ続ける残された5人のメンバーは、反撃の機会をうかがう一方、銀行の貸金庫に隠されたチームの「資産」を追う。決死の逃走の末、たどりついた真実と驚愕の結末は…。

内容説明

逆スパイや内部不正を監視するCIAの精鋭チーム「アクロバット」―しかし突然CIA副長官により中国への軍事機密漏洩の嫌疑をかけられ組織から追われる側に。身に覚えのない容疑、陰謀の張本人は誰なのか。反撃の機会をうかがいながら逃亡するメンバーが最後にたどりついた驚愕の真実とは…。

著者等紹介

ライラ,ゴンザーロ[ライラ,ゴンザーロ][Lira,Gonzalo]
1995年米ダートマス大学卒。英語とスペイン語で小説を発表している。現在はチリのサンティアゴに在住

鈴木恵[スズキメグミ]
翻訳書多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カワセミ440

2
全然期待しないで図書館で借りた本だったけど結構楽しめました。映像権利は売れていていずれ映画になる?ってどっかに書いてあったけど、今のところそんな様子はないようだ。この作家の本はいまのところこれだけのようだけど・・。2020/11/28

とらん

0
すっかり騙されたあああああ!「すれっからしの読者にさえ予測できない驚愕のエンディング」と評されたとか。標準的な読者なら著者の手のひらの上で転がされまくりですね。。。読み終わった後はちょっと呆然としてた。これほど最後の最後でキャラの印象を変えさせられる作品はあまり読んだことないなあ。映画化権がすでに買い取られてるそうだけど映画化したのかな。キャスティングが難しそう。本編とは関係ないけど単位の翻訳って約束事があるのかな。高さのフィートはまだいいけど重さのポンドはイメージ湧かないからキロにして欲しいなあ。2012/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/287720

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。