• ポイントキャンペーン

Shogakukan mystery
絶滅危惧種―アンナ・ピジョンシリーズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 370p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093563628
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

ジョージア州の海岸の島で、絶滅危惧種に指定されたアカウミガメの産卵期に、大麻栽培防止の監視用飛行機が墜落した。故意か偶然か?! 女性パークレンジャー、アンナ・ピジョン登場!

 大西洋の波が岸辺を洗うカンバーランド島の国立海岸公園。絶滅危惧種アカウミガメの産卵期に、大麻栽培防止の監視用軽飛行機が墜落、パイロットが死亡する。ところが、操縦席からもう一つの死体が発見された。しかも彼は搭乗予定の人間ではなかった! 手つかずの自然を残す島で、それを隠れ蓑にした犯罪のにおいをかぎつけたパークレンジャー・アンナ。一方、彼女の恋人FBI捜査官フレデリックは、アンナの姉を脅迫する謎の犯人を追うべくニューヨークへ向かったが……。 サラ・パレツキー絶賛のアウトドア・ミステリ・シリーズ第四弾! 書評家・茶木則雄氏による作家・作品の翻訳刊行史を巻末に収める。

内容説明

大西洋の波が岸辺を洗うカンバーランド島の国定海岸公園。絶滅危惧種アカウミガメの産卵期に、大麻栽培防止の監視用軽飛行機が墜落。パイロットが死亡。ところが操縦席からもう一つ死体が発見された。しかも彼は搭乗予定の人間ではなかった!手つかずの自然を残す島で、それを隠れ蓑にした犯罪のにおいをかぎつけたアンナ。一方、彼女の恋人のFBI捜査官フレデリックは、アンナの姉を脅迫する謎の犯人を追うべくニューヨークへ向かったが…。サラ・パレツキー絶賛のアウトドア・ミステリ・シリーズ第四弾。

著者等紹介

バー,ネヴァダ[バー,ネヴァダ][Barr,Nevada]
カリフォルニア大学で演劇を専攻。36歳で国立公園のパークレンジャーとなり、ミシガン州、コロラド州、ミシシッピ州などの国立公園に勤務し、その体験をもとにミステリを執筆。『山猫』(福武書店刊)でアガサ賞、アンソニー賞をダブル受賞

栗原百代[クリハラモモヨ]
1962(昭和37)年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。東京学芸大学教育学研究科・修士課程修了
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tom

9
ネバダ・バーの3冊目(第三巻は、図書館にないため、入手できず)。後書きに、3Fミステリー(作家、主人公、訳者が女性のミステリー)と書いてあって、昔懐かしい言葉を思い出す。10何年か前に流行った言葉だけど、今は誰も知らないだろうな。この本の主人公、今回は、亀が産卵する海岸で消防士として働いている。物語の展開は、始めトロトロ中パッパ、最後に大きな流れという前作までと同じパターン。アメリカの自然公園を順番に旅していくというミステリー。インドアでアウトドアを楽しみたいという人には、お楽しみのシリーズかもしれない。2017/10/05

nono

1
図書館本

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/401735

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。