Shogakukan mystery
ゼルプの殺人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 13X19cm
  • 商品コード 9784093563338
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

出版社内容情報

匿名の出資者を突きとめてほしいという銀行頭取の依頼を受けて調査を始めたゼルプ。だがその途中の報告にも上の空の頭取に疑問を抱き、彼本人を調査するが……。頭取に付きまとう謎の男の正体は?ロシアン・マフィアの登場で物語は殺人事件にまで発展する。

ヴェラー&ヴェルカー銀行頭取ヴェルカーから、匿名の預金者の身元調査を依頼された私立探偵ゼルプ。だがその調査経過報告にもヴェルカーは上の空だった。彼の態度に疑問を抱いたゼルプは、依頼者であるヴェルカー自身を調べ始める。 ゼルプが彼と会うとき、ヴェルカーにつきそって離れない謎の男ザマリン。ヴェラー&ヴェルカー銀行の歴史を調べていた退職教師シューラーの不審な死。ゼルプを尾行する謎の男たちにちらつくロシアン・マフィアの影。 そして旧東独から来たゼルプの息子と名乗る青年ウルブリヒの登場。ゼルプは親友の元警察官ネーゲルスバッハの協力を得て、怪しげな男たちに罠を仕掛けるが……。老探偵ゼルプ三部作の掉尾を飾る、サスペンスに満ちたドイツ・ミステリの金字塔!

内容説明

銀行頭取ヴェルカーから匿名の預金者の身元調査を依頼されたゼルプ。だが彼の調査経過報告にも上の空の頭取の態度に疑問を抱いた彼は、頭取自身を調べ始める。彼につきそう謎の男。銀行の歴史を調べていた元教師の不審な死。ゼルプを尾行する謎の男たち。そして旧東独から来たゼルプの息子と名乗る青年の登場。老探偵ゼルプ三部作の掉尾を飾る、サスペンスに満ちたドイツ・ミステリの金字塔。

著者等紹介

シュリンク,ベルンハルト[シュリンク,ベルンハルト][Schlink,Bernhard]
1944年ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州のビーレフェルト市郊外で生まれる。後、南西部のハイデルベルクとマンハイムで育つ。現在は法律家としてボンとベルリンに住む。W・ポップとの共作で『ゼルブの裁き』(’87年)を刊行。’89年『ゴルディオスの結び目』(’88年)でドイツの優れたミステリに与えられるグラウザー賞を受賞。’93年『ゼルプの欺瞞』(’92年)でドイツ・ミステリ大賞受賞。’95年の『朗読者』は世界的なベストセラーとなり、ドイツ内外の文学賞を総なめにした

岩淵達治[イワブチタツジ]
1927年東京生まれ。東京大学文学部独文科卒業。ミュンヘン大学哲学名誉博士。学習院大学名誉教授。演出家・評論家。翻訳書に『個人訳ブレヒト戯曲全集』全九巻(未来社/第三七回翻訳文化賞、第三回レッシング・ドイツ連邦政府翻訳賞、第七回湯浅芳子賞受賞)、B・ブレヒト『ガリレイの生涯』(岩波文庫)ほか。国際演劇協会日本センター専務理事。ドイツ語の演劇・文学を広く日本に紹介した功績で1990年旧東ドイツ諸国民友好銀星勲章、92年オーストリア共和国学問芸術一等十字勲章、96年ドイツ連邦共和国功労一等十字勲章受章
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いっこ

1
なぜ、いつもこういう結末なのかと疑問を持ちつつ、三部作の最後の一冊を読んだ。「正義」とは何なのか?「法」とは何なのか?ナチス政権の下、検事だったゼルプが、戦後、私立探偵として生きる道を選んだのは「男の美学」などではなかった。忌まわしい過去を抱えながらも、生きていくってどんなことか、考えさせられる。地下鉄のホームで、ナチス式敬礼を強いられ若者に暴行されるゼルプ、おいしい食事を楽しみ、愛する人と過ごすゼルプ、悪夢にうなされるゼルプ・・。やっと『朗読者』につながったと感じた。2017/09/02

pinoko

1
何度も途中で挫折しそうになりながら何とか読了。3部作の最後のところを読んじゃったらしく主人公の背景がどうも良く飲み込めなかった。銀行家がなんだかこんなに簡単に探偵に依頼して来るのかなあ、それに、負の部分を持った人が、皆善良にかかれているようで、不自然に思った。それに、何でこんなに本音で話せちゃうわけ?ナチスとの、関わりがサラっとかかれすぎて、ゼルプのユダヤ人に対する感情とかもわからない。だいたい私は、マネーロンダリング系の銀行の話は、好きではない。2015/08/21

ndj.

1
三部作の三作目にあたるらしく、読む順番を思いきり間違えた。主人公である探偵ゼルプはもう御年70を過ぎようかという老探偵で、ネオナチの若造に襲われて「ハイルヒトラー」と叫ばされた上に川に放り込まれるシーンなどもう忍びない…としかいいようがない。東西ドイツの格差、ナチ時代の負の遺産など、極上の伏線は多いが回収されていない…それで、結局、どういうことなの! と頭を抱えざるを得なかった。2015/08/17

tatakuma

0
三部作の前二作を読まずに読んだせいか、ナチや統一ドイツに関する問題意識を持ってないせいか、面白さが分かりませんでした。2016/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13161

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。