• ポイントキャンペーン

Shogakukan mystery
ゼルプの欺瞞

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 369p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093563321
  • NDC分類 943
  • Cコード C0097

内容説明

行方不明の娘を探してほしいという依頼を受けた私立探偵ゼルプは、女子大生の彼女の生活から手がかりを掴もうとするが、関係者は非協力的、さらに“父”だと名乗った依頼者の男も正体不明だった。そして彼女の知人である医者が殺されたとき、闇に葬られた過去の基地爆発事件が浮上してきた…。ベルンハルト・シュリンクがあの『朗読者』に先だって一九九二年に発表し、翌年ドイツ・ミステリ大賞を受賞した話題の長編小説。

著者紹介

シュリンク,ベルンハルト[シュリンク,ベルンハルト][Schlink,Bernhard]
1944年ドイツ西部のビーレフェルト市郊外で生まれ、ハイデルベルク、マンハイムで育つ。現在法律家としてベルリンとボンに住む。87年ヴァルター・ポップと『ゼルプの裁き』を発表。翌年発表した『ゴルディアスの結び目』で89年にグラウザー賞受賞。92年発表の『ゼルブの欺瞞』でドイツ・ミステリ大賞受賞。95年の『朗読者』は世界的なベストセラーとなり、ドイツ内外の文学賞などを総なめにした

出版社内容情報

娘が行方不明なので探してほしいという依頼を受けた私立探偵ゼルプは、女子大生の彼女の生活から手がかりを掴もうとするが、関係者は非協力的、さらに<父>だと名乗った依頼者も正体不明だとわかる。そして彼女を知っているはずの医者が殺害された!

行方不明の娘を急いで探してほしい??父親と名乗る男から電話で依頼され、調査料金まで銀行の口座に振り込まれた私立探偵ゼルプ。学生運動に関係したらしい彼女は、殆ど手がかりがなく、関係者は何故か調査に非協力的だったばかりか、彼女が一時身を隠した病院の医師も口を開かず、わずかな隙に殺害される。また直接会おうとせず、一方的に電話連絡をしてくる依頼者も父親ではなかった! 深まる謎と過去の米軍基地で起きた爆発事件が奇妙につながったとき、思いがけぬ事実が浮上してきた!!(翻訳/平野卿子)