Shogakukan mystery
ビッグ・レッド・テキーラ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 448p/高さ 13X19cm
  • 商品コード 9784093562720
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

出版社内容情報

恋人も思い出も捨ててサン・アントニオを去ったナヴァー。保安官の父を殺された彼は犯人不明のままの故郷を捨てた。だが12年後、元恋人の頼みで帰郷した彼は、彼女の失踪事件に関わるうちに、父の殺人と深くつながる過去の事件に行き当たる。アンソニー賞、シェイマス賞ダブル受賞に輝く長編!

 テキサス南部のサンアントニオで保安官の父を殺されたナヴァー。必死の捜査にもかかわらず犯人は挙がらなかった。青春のまっただ中で父の死を迎えた彼は、恋人リリアンや家族とも離れ、思い出も故郷も捨てて西海岸へ去る。12年後、弁護士事務所の調査員となっていたナヴァーは、かつての恋人からの依頼で帰郷するが、彼を待っていたのは、リリアンの失踪と、なぜか敵意に満ちた人々の視線だった!  アメリカの二大ミステリ賞であるアンソニー賞、シェイマス賞をダブル受賞した大型新人の超話題作、気鋭の訳でついに登場! 読むと思わずテキーラが飲みたくなるモダン・ウェスタン・ハードボイルド! 今年の翻訳ミステリ界最大の収穫。

内容説明

テキサス州南部のサンアントニオで保安官の父を殺されたナヴァー。必死の捜査にも拘わらず犯人は挙がらなかった。青春のまっただ中で父の死を迎えた彼は、恋人リリアンや家族とも離れ、思い出も故郷も捨てて西海岸へ移る。12年後、弁護士事務所の調査員となっていたナヴァーは、かつての恋人からの依頼で帰郷するが、彼を待っていたのは、リリアンの失踪と、なぜか敵意に満ちた人々の視線だった!アンソニー賞、シェイマス賞をダブル受賞した大型新人の超話題作、気鋭の訳でついに登場。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネコベス

25
保安官の父を目の前で殺されたナヴァ―は元恋人のリリアンから呼び出され十二年ぶりに故郷サンアントニオに帰郷した。いまだに犯人が挙がらない父の暗殺事件を調べて行くとあらゆる方面から圧力がかかり、リリアンも行方不明に。ナヴァ―は父の死の真相とリリアンの行方を追う。ワイルドな土地柄故かやたら横柄な態度で衝突を繰り返し無用に敵を作るナヴァ―。暴力的な言動が目立ち捜査方法も粗雑で行き当たりばったりの運まかせ。マッチョな猪突猛進型で主人公でなければ何度も死んでいただろう。持って回った皮肉なセリフも自分には合わなかった。2019/02/14

ジョニー

1
保安官の父親が撃ち殺されテキサスからカリフォルニアに行っていた息子が昔の彼女の依頼で12年後に戻ってくるというワクワクする設定のペーパーバック。登場人物が多すぎるうえ、しばらくしてから再登場すろので混乱する。テキサスなので銃が当たり前なのかどんどん死んでいく。盛り込みすぎたかな。2020/01/28

chinaishingoo

0
テキサス、帰郷、家族、旧友、フッドに渦巻く陰謀。大好物だらけのAセット、美味しゅうございました。 2021/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。