レーナ・マリア―フット・ノート 足で書かれた物語

レーナ・マリア―フット・ノート 足で書かれた物語

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784093560610
  • NDC分類 765.6
  • Cコード C0098

出版社内容情報

生まれながらのハンディをものともせず、歌手として、主婦として、様々な可能性に挑み続けるレーナ。家族や友人たちの愛に支えられて生きる障害者の人生ドラマです。

重い障害を持ちながら世界各国でコンサート活動を続けるスウェーデンの女性ゴスペルシンガー、レーナ・マリアさんのこれまでの歩みを綴った感動の自伝です。レーナ・マリアさんは、出生時から両腕がなく、左脚が右脚の半分しかないという原因不明の障害を持っています。3歳から水泳を始め、ソウルパラリンピックで好成績を収めました。また、幼い頃から音楽に親しみ、音楽大学卒業後本格的に音楽活動を開始。92年に初の日本コンサートを開き、絶賛を博しました。88年に、彼女を紹介したテレビドキュメンタリーが欧州各国で放送され世界的に注目を集めました。日本では、91年にテレビ朝日「ニュースステーション」が彼女の音楽と生活を紹介、その後様々なメディアで取り上げられ、大きな反響を呼びました。最初のコンサート以来、日本では毎年彼女のコンサートが開かれ、各地で好評を博しています。「障害があるからこそ体験できることがある」と語るレーナ・マリアさんは、初めて書いたこの本で、生まれながらに持つ障害をごく自然に受け入れ、自身の人生を実り豊かにした経緯を軽妙に描いています。あらゆる可能性に挑戦する彼女の姿は、多くの人々の心に忘れられぬ感動をもたらすと思います。

内容説明

障害と戦う女性シンガー、感動の自伝。世界が喝采した愛のノンフィクション。

目次

「たとえ腕がなくても、この子に必要なのは家族だ」
足の親指に哺乳瓶をつけて
自助力を育む
義足とかけがえのない一本の棒
学校とわたし
これ以上の安らぎはない
水中で魚のように
ソウル・オリンピックを目指して
歌とシンセサイザーとともに
「レーナ・ヨハンソン―あの腕のない人」と呼ばれないために〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

2
小学校の国語科単元で、伝記・ノンフィクションがあるので担任に紹介。2019/04/10

あるちゃ

2
長いこと読みたい本リストに入っていた一冊。 読もうと思ったきっかけは、当時小学生だった娘に勧められて読んだ学習漫画と記憶。 過去ブログをさらったら2010年10月だった。 なんとまあ長く寝かせてしまったことか。 漫画を読んだ時とあまり感想は変わらないかな… やはり福祉環境の違いと、それによる個人の意識の違いの大きさを感じました。 もちろん、ご本人や家族の考え方の強さというか柔和さというか、そう言った影響もかなり大きく強いとは思いますが。 そして改めて気づいたのですが、彼女、私とほぼ同年代なんですね。 そう2018/04/25

ちょろいも

0
小2の娘に勧められて。w2009/04/24

ひより

0
Detta a mina fot-nter! Lena Maria Klingvall (これはわたしが足でかいた、人生のがくふです レーナ=マリア・クリングヴァル) 彼女は両腕がない。 左足も、右足に比べて短いので義足が必要。 でも…ここまで明るく前向きな人だったとは! 私ってなんて不自由なんだろう(精神的に)って思い知らされた。 彼女がこんなふうに明るく前向きでいられるのは、性格はもとより、家族の愛情や接し方、そして信仰があるんだね。 読んでいて、とてもすがすがしい気持ちになれる本。2005/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/150148

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。