SHOGAKUKAN Classic Revival<br> 日本名城紀行〈6〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

SHOGAKUKAN Classic Revival
日本名城紀行〈6〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月14日 16時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093531122
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0093

内容説明

1977~78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された名城エッセイの復刊。第6巻は遠藤周作、井上友一郎、豊田穣、馬場あき子、山田風太郎、安西篤子、早乙女貢、赤江瀑、大原富枝の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行である。幾多の資料・史料から空想を膨らませ、作家オリジナルの世界が堪能できる一冊。これがシリーズ最終巻!

目次

箕輪城―信玄に挑んだ戦国武将の勇気(遠藤周作)
小田原城―後北条氏五代の栄華と終焉(井上友一郎)
犬山城―悲願を秘めた白帝城(豊田穣)
金城沢―忍耐が支えた加賀百万石(馬場あき子)
安土城―反逆に滅んだ天下布武の象徴(山田風太郎)
伏見城―家康と城に殉じた勇将鳥居元忠(安西篤子)
備中松山城―静かなる山城に隠された争奪の歴史(早乙女貢)
津和野城―剛直大名の意気地(赤江瀑)
高知城―黒潮の豪気包み込む優美な天守(大原富枝)

著者等紹介

遠藤周作[エンドウシュウサク]
1923年~1996年。55年、「白い人」で芥川賞受賞

井上友一郎[イノウエトモイチロウ]
1909年~1997年。都新聞の記者を経て作家に

豊田穣[トヨダジョウ]
1920年~1994年。71年、「長良川」で直木賞受賞

馬場あき子[ババアキコ]
1928年~。歌人、評論家。「歌説話の世界」で紫式部文学賞受賞

山田風太郎[ヤマダフウタロウ]
1922年~2001年。「甲賀忍法帖」などの忍法帖シリーズが大ブームとなる。ほかに「戦中派不戦日記」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文豪たちが描く日本の「名城紀行」シリーズ

1977?78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された作家の紀行文の復刊。

第6巻は遠藤周作、井上友一郎、豊田穣、馬場あき子、山田風太郎、安西篤子、早乙女貢、赤江瀑、大原富枝の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行である。

視点も作家により様々で、ガイドブックとはひと味もふた味も異なる城案内。史料をベースにまとめる作家もいれば、自分や家族とのかかわりから展開していく作家もいて、実にバラエティに富んでおり、時間が経っても色あせない名文揃いで、城マニアにもお勧めの一冊。

遠藤 周作[エンドウ シュウサク]
著・文・その他

井上 友一郎[イノウエ トモイチロウ]
著・文・その他

豊田 穣[トヨダ ジョウ]
著・文・その他