• ポイントキャンペーン

学力は家庭で伸びる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093453615
  • NDC分類 379.9

内容説明

小学生はもちろん、幼稚園でも早すぎない!子供たちの「力」は、こうすれば引き出せる。教師生活20年の現場から贈る、誰でもすぐできる、どの子も必ず伸びる秘訣。

目次

第1章 ジワジワ効いて結局「学力」が上がる16か条(翌日の時間割は自分でそろえさせる;宿題は食卓でさせよう;宿題を親がやらない ほか)
第2章 毎日の生活で「会話力」がつく13か条(食事のときはテレビを消す;ゴミ出しは子供にやらせる;今日あったことをお風呂で聞いてあげる ほか)
第3章 「自分でできる力」を育てる12か条(机の上を親が片づけない;サッカーの応援に毎回行かない;説教は「誉める」「叱る」「誉める」のサンドイッチで ほか)

著者紹介

陰山英男[カゲヤマヒデオ]
広島県尾道市立土堂小学校校長。’58年兵庫県生まれ。岡山大学法学部卒業。兵庫県朝来町立山口小学校教諭時代に学力向上を目指し、同僚とともに「百ます計算」や音読など「読み書き計算」の反復練習による独自のプログラムに取り組む。同時に「学力の基礎は生命力にある」として、生徒の家庭生活の改善にも学校をあげて努める。進学塾とは無縁の山に囲まれた山口小学校の卒業生が難関大学へ多数合格し、基礎学習の徹底と生活習慣の改善が学力を伸ばすことを証明した

出版社内容情報

陰山先生がすべての父親、母親たちに贈る家庭教育論決定版。子供たちが本来持っている「力」を引き出すために、家庭で親たちはどのように接し、何をすることが必要なのか? 陰山氏が自らの経験をもとに今すぐ親ができる具体策41を、わかりやすく提案します。

例えば??●リビングに図鑑を置こう●宿題は食卓でさせよう●運動会で我が子をビデオで追いかけ回さない●机の上を親が片づけない??どれもが、誰でも今すぐ実践できる簡単なことばかりで、その効果は陰山氏の教師として父親としての体験から実証されたものばかりです。 2003年4月から陰山氏は初の文部科学省の公募校長(広島県尾道市立土堂小学校)になることも決まっており、まさに時の人でもあります。