昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です―明日が変わる大人の早起き術

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です―明日が変わる大人の早起き術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月16日 13時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784093106450
  • NDC分類 498.36
  • Cコード C2077

出版社内容情報

意志の力不要! 早起きで人生を変える本!

「忙しくて自分の時間がない」
「趣味や勉強に充てる時間がほしい」

そう思っている方に朗報です! 本書を読めば、朝2時間早起きすることで自分の自由になる時間を確保し、仕事に、趣味に時間を割くことが可能になります。

「早起きなんて無理」という声が返ってきそうですが、心配無用。
著者の井上氏は朝活コミュニティ『朝渋』を主宰し、今まで500名以上の方を朝型生活に導いてきました。
その企業秘密ともいえるノウハウを初めて本書で公開! 誰でも早起きができるようになります。

また、「一度は起きられるけど、続けるのが難しい」という方もいるでしょう。
そんな方もご安心を。
井上氏は朝活を続けられない人や、飲み会続きで挫折する人が多いのを見て、対策を完成させました。この本では、その成果を惜しげもなく披露しています。


第1章 早起きのすごいメリット

第2章 こうすれば早起きが出来る

第3章 早起きが続けられないときは

第4章 飲み会と早起きを両立させる

第5章 早起きで人生を変えた人たち


さあ本書を読んで、平日、自由になる時間を手に入れませんか?



【編集担当からのおすすめ情報】
著者の井上皓史氏は、東京・渋谷で朝活コミュニティ『朝渋』を主宰し、500名以上の方を早起きに目覚めさせてきました。そんな著者の早起きのノウハウは、「遅く帰る日はシンデレラルールを適用する」「カレンダーブロックで飲み会に対応」など独自のものばかり。
私も「早起きはつらい」と思っていましたが、著者のメソッドで早起きを続けられるようになり、語学の勉強に時間を割けるようになりました。
平日に自分の自由時間が取れると、人生は変わります。この本がお伝えするのは単なる早起きの方法ではなく、人生を変えるメソッドです。

内容説明

「早起きするためには、起床時刻ではなく、ベッドに入る時刻を固定する」「不規則勤務にはシンデレラルールを活用する」など、著者のもつ、早起き生活を続けるさまざまなTips(コツ、裏技)を紹介。

目次

第1章 早起きのすごいメリット(早起きは一生使える武器;圧倒的な効率のよさ ほか)
第2章 こうすれば早起きが出来る(朝と夜の時間割をつくる;朝の2時間=ゴールデンタイム ほか)
第3章 早起きが続けられないときは(「自分面談」で目的を見直す;土日の時間割をつくる ほか)
第4章 飲み会と早起きを両立させる(飲み会の意義を考える;カレンダーをブロックする ほか)
第5章 早起きで人生を変えた人たち(会社での評価が上がった人;転職して希望を叶えた人 ほか)

著者等紹介

井上皓史[イノウエコウジ]
1992年、東京都生まれ。朝活コミュニティ「朝渋」代表。株式会社Morning Labo取締役。朝活コミュニティ「朝渋」を東京・渋谷で立ち上げ、会員とともに、読書や英会話などさまざまな活動を行う。また、本の著者を招いたトークイベント「著者と語る朝渋」は年間5000人を動員する規模に成長した。2018年、勤務先の企業を退職し、ライフワークだった「朝渋」に本格コミット(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yasunon

22
相性:★★★☆☆ 抜粋:自分が作ったペースを守り、ルーティンに沿った過ごし方をしていると、たとえ突発的なことが起きても動揺を最小限に抑えることが出来るのです。 所感:無敵になれると聞いて、本書を手にとった。耳タコなTipsではあるけれど、なんとか睡眠リズムを改善したいと思って試行錯誤している私には、モチベーションを保つ助けとなった。ダイエットでいうチートデイのような、シンデレラルールというアイデアはありがたい。22時~5時だと家族の生活リズムとずれ過ぎてしまうので、まずは23時~6時で習慣化したい。2021/11/28

kubottar

22
1時に寝て8時に起きるのと、22時に寝て5時に起きるのとでは、時間的には同じ7時間睡眠だが質は後者が圧倒的にいい。夜ふかしでいつも眠い状態だと、仕事の質も悪くなるって主張には同意。 2020/07/07

assam2005

21
え?!ちょっと待て。朝1時間、夜2時間、合計3時間で仕事以外のこと(家事と食事とお風呂とか)全てを終わらせるのは私には無理。実家暮らしならできるでしょう。家のことを全て家族がやってくれる人ならこのタイムスケジュールはできるけど、共働きの家事の比重が重い方や毎日子育ても入ってくる人だと、この3時間にカフェで朝活プラスなんて余裕はありません。5時半起きしてますが、関西はまだ夜明けの気配もなく、セロトニン不足。6時過ぎてようやく日の出で目覚める私。朝の時間が貴重なのは分かるけど、何か釈然としない一冊でした。2021/03/05

TAGO

8
「僕の人生は無敵です」 こんなに胸張って言い切れるなんて凄いな。 無敵というワードに吸い寄せられて読了。 朝2時間早く起きて自分軸で過ごすことで心に余裕が生まれる。 私も育児中は早起きして自分一人時間を過ごしてメンタル保ってたな。 2021/10/12

Azu

5
早起き本はたくさんあるけど、この本は会社員にとって攻略すべき【残業】や【飲み会】への対処法も言及していて、とても参考になりました。 また、様々なルールを設けることで社会人生活をシステマチックにして、睡眠に関してなるべく一定のリズムを確保することが念頭に置かれており、「早起きのメリット」よりも「睡眠の重要性」に重きが置かれていて好感が持てました。 もちろん、早起きで人生が変わった方々の実録も参考になりますし、刺激をもらえます。 睡眠を大切にして早起きしたくなる1冊でした。2021/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15501747

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。