小学館版学習まんが世界の歴史〈11〉ナポレオンとつづく革命

個数:
電子版価格
¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

小学館版学習まんが世界の歴史〈11〉ナポレオンとつづく革命

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月20日 21時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784092983113
  • NDC分類 K209
  • Cコード C8322

出版社内容情報

あの歴史教科書の山川出版社が編集協力!!

歴史教科書で有名な山川出版社の編集協力を得て誕生した「学習まんが世界の歴史」です。山川出版社の世界史教科書の著作者に監修者になっていただき、教科書の流れを意識したつくりにすることに成功しました。受験や学校での日々の勉強にも十分役に立つ内容になっています。
ただ内容は高校生レベルでも、小学校高学年であれば理解できるようにまんがは構成されています。ひいては、「併読すれば教科書や参考書がわかりやすく・
おもしろくなるシリーズ」ということもできるでしょう。
第11巻では、18世紀末?19世紀のフランスを中心に扱っています。

【編集担当からのおすすめ情報】
このシリーズは歴史教科書の山川出版社の協力を得てつくられていますが、まんがの人間ドラマ化が図られているのも大きな特長の一つです。歴史を喜怒哀楽の人間模様の流れととらえて、まんがのシナリオを作成しました。一読していただければ、小学校高学年の方でも高校生レベルの歴史の流れがしぜんと頭に入ると思います。また十分な時代考証を経て、作画などがなされています。その結果、「えっ!」と驚く史実に編集者として数多く遭遇しました。読者のみなさんも「目からウロコ」の歴史の現実に驚かれることでしょう。

第11巻 ナポレオンとつづく革命

【巻頭カラー】
・ナポレオンのベルリン入城/・ナポレオンの時代/
・復古王政と七月革命の時代/・二月革命とナポレオン3世/
・一九世紀後半のフランス絵画

第1章 英雄ナポレオン
・弱い政府/・クーデタと思惑/・皇帝への道/・沈む太陽

第2章 帰って来た君主
・ウィーン会議/・王権強まる

第3章 二つの革命
・七月革命/・国民の王/・二月革命
〈学習ページ〉 諸国民の春

第4章 ナポレオンのDNA
・国立作業場/・二人めの皇帝/・メキシコ出兵/・悲劇の皇帝
〈学習ページ〉 パリ大改造/万国博覧会

《年表》

小林 たつよし[コバヤシ タツヨシ]
著・文・その他

山川出版社[ヤマカワシュッパンシャ]
編集

鍋田 吉郎[ナベタ ヨシオ]
原著

目次

第1章 英雄ナポレオン
第2章 帰って来た君主
第3章 二つの革命
第4章 ナポレオンのDNA

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サンタマリア

35
全く知らないことを勉強し始める時には児童書とか漫画がとっつきやすくていい。パリの街並みが放射状になっている理由も分かったりして面白かった。思わぬところに学びは落ちてる。いまでは当たり前の政治体制を獲得するために昔の人の試行錯誤と努力があった、と監修の言葉に書いてあった。2024/01/28

ふみあき

29
やっぱり集英社や角川の世界史漫画シリーズと比較すると、絵柄が抜群によい。2024/06/24

らっそ

10
高校生の時、この範囲は全然勉強していなかったことがわかった。2021/01/09

プロメテ

9
このシリーズはわかりやすくてよい。私は高校時日本史だったので(覚えていないが)基礎から学んでいきたい。おおまかの流れとしては、革命に成功した十八世紀フランスに対して、周辺の王政国家との対立が激化する。オーストリアやドイツなどを革命の力のままに手に入れる。イギリスは産業革命に成功しているが、その辺りの関係も面白い。ロシアには寒さと飢餓から敗北し一時島に流されるがそこからまた盛り返す。一人の人間の人生が一国ごとヨーロッパ全体を震撼させている。我々現代の文明が、政治にクーデターし他国を侵略することができるか?2024/05/18

やま

7
王政が終わってもヨーロッパは安定しません。ナポレオンが登場しますが、彼も絶対ではなくやがて民衆の信頼を失っていきます。歴史の針は揺れ動きますね。ナポレオン2世についてはメキシコの事など知らないことが多々ありました。2020/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13211816
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。