小学館版学習まんが<br> 幕府の改革―江戸時代中期 (増補版)

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

小学館版学習まんが
幕府の改革―江戸時代中期 (増補版)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年07月18日 00時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 157p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784092981140
  • NDC分類 K210
  • Cコード C8321

目次

第1章 名将軍吉宗(吉宗、八代将軍となる;大画面・町火消の活やく ほか)
第2章 田沼時代(側用人田沼意次;田沼意次の政治 ほか)
第3章 一揆とききん(浅間山の大噴火;ききんと打ちこわし ほか)
第4章 蘭学と国学(平賀源内の薬品会;本居宣長と賀茂真淵 ほか)

出版社内容情報

「日本の歴史」学習まんがの決定版!

第14巻 幕府の改革(江戸時代中期)

この巻では、八代将軍吉宗、田沼意次、松平定信による改革を中心に、ゆれ動く幕府の実像にせまります。

火事の多かった江戸の町に町火消しを置き、庶民の意見を聞くために目安箱を設置した八代将軍、徳川吉宗。
将軍の側用人として力を持ち、印旛沼の干拓などの事業に着手した田沼意次。
天明の大飢饉のあとを受け、財政の立て直しを図った老中・松平定信。
等々、現代の政治とも相通ずるさまざまな改革を描きます。

また、外国の学問「蘭学」と日本古来の学問「国学」など、この時代に成熟した学問の世界もしっかりととらえます。


【編集担当からのおすすめ情報】
35年以上にわたるベストセラーです。2018年現在、累計発行数は2000万部。あの「ビリギャル」もこのシリーズで日本史を学びました。全24巻をセットで読んでも、興味のある巻だけ読んでもしっかり楽しく学べます。

■史跡クローズアップ(江戸の商店)
■人物クローズアップ(平賀源内)
■この巻の歴史年表

第1章 名将軍吉宗 吉宗・八代将軍となる/大画面・町火消の活やく/大画面・日本橋のにぎわい/米将軍の活やく
第2章 田沼時代 側用人田沼意次/田沼意次の政治/印旛沼干拓計画/田沼意次の失脚/寛政の改革
第3章 一揆とききん 浅間山の大噴火/ききんと打ちこわし/上田騒動/半平の決心/大画面・城内に入る一揆勢
第4章 蘭学と国学 平賀源内の薬品会/本居宣長と賀茂真淵/長崎屋のカピタン/玄白と「ターヘル=アナトミア」/源内のエレキテルの実権

■歴史博士のものしり教室 「江戸時代の農村の様子」「農業のうつりかわり」「オランダからの文化」「この巻のなんでも相談室」「一揆と打ちこわし」「この巻の史跡・資料館・博物館」


児玉 幸多[コダマ コウタ]
監修

あおむら 純[アオムラ ジュン]
イラスト