SUPER!YA<br> 夜フクロウとドッグフィッシュ

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

SUPER!YA
夜フクロウとドッグフィッシュ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 06時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 376p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784092905870
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

LAとNYを結ぶ、YA版書簡体小説

ある日、突然、ロサンゼルスの知らない人からメールが届いた。

「そっちのお父さんは、うちのお父さんとつきあってるんだよ」
???????????????
「なにか勘違いしていると思います」

ロサンゼルスとニューヨークに住む、全く知らない少女たちのメールのやりとりがはじまる。

「お父さんたちは、わたしたちに仲良くなってほしいみたい」

そんなことできるわけない!と反発する少女たち。
水を油で、共通点のない少女たちは、仲良くなるのか?
お父さんたちは、むずばれるのか?

最後まで、結末の分からない、ノンストップ小説。
新しい家族の形が見えてくる。




【編集担当からのおすすめ情報】
メール、手紙、留守電など、間接的伝達手段で物語が進むYA版現代の書簡体小説。ユーモアたっぷりで、最後まで結末がわからない、読む手が止められないエンターテインメントです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

78
YA。ニューヨークに住む12歳の少女エイヴリーに突然届いたメールは、同じく12歳のカリフォルニアに住む少女ベットからだった。「そっちのお父さんは、うちのお父さんと付き合ってるんだよ」2人は夏休みのキャンプに入れられることになる。子供がキャンプ行ってる間、父親たちは中国にバイク旅行へ出かける。初めは驚き、反発した2人だったが次第に打ち解け、姉妹になることに期待するようになる。しかし、中国から帰宅した父親たちは別れていた。波乱万丈の家族物語。99%がメールでやり取りの文章。▽めちゃ面白かった!2021/02/27

♪みどりpiyopiyo♪

49
可愛くってとってもドキドキなお話を読みました。何度も笑ってちょびっと涙が出ちゃったよ〜。昨年アメリカで数々の賞に輝いたYA小説です。■互いに見も知らない12歳の女の子たち、カリフォルニアに住むベットとNYに住むエイブリーに起きた突然の出会いと思いがけない事件、そして始まる一大プロジェクト。パパ達もクリスティナ(ママ)もガガ(グランマ)も最高✩⡱ ■好みやlifestyleが違っても、いえ、違うからこそのhappyもあるよね。最後、ほんとにっこりしちゃいました \( ´ ▽ ` )ノ (2019年?)(→続2020/10/23

みつばちい

28
「そっちのお父さんは、うちのお父さんと付き合ってるんだよ」と突然知らない子からメールが届いて、びっくり。やりとりを続けるうちにお互いの父親同士が恋仲で、二人を姉妹のように仲良くさせるためにサマーキャンプに放り込もうとしていることが判明。心配性で賢いエイヴリーと、大胆で体動かしたり動物と触れ合うのが大好きなベット、正反対の二人が心を通わせていく。しかしキャンプであるトラブルが起きたところから運命が変わり、エイヴリーの産みの母やベットのおばあちゃんなども巻き込んで思いもやらぬ展開へ!2021/02/04

スイ

16
家で読んで良かったよ…! 声を上げて笑ったかと思ったら、ぼろぼろ泣いての繰り返しだった。 ニューヨークに住んでる子のところに、突然カリフォルニアの知らない子から、「うちのパパとあんたのパパ付き合ってるんだけど!」とメールが来るところから始まる書簡小説。 正反対の二人の少女が愛しくて愛しくてたまらない。 二人の関係の変化や、キャンプが舞台の一つになっているところなんかが大好きな「ふたりのロッテ」を思い起こさせるのも嬉しかったんだけど、間違いなく今の小説だな、という展開だった(ロッテはロッテでもちろん2020/08/22

モルテン

14
「そっちのお父さんとうちのお父さんは今付き合ってるんだよね。」ゲイの父親を持つ12歳の二人の女の子のメール書簡体小説。面白かった!水と油ほども性格の違う二人。最初は仲良くなれないのに次第にわかり合ってくる。ところが──。読者の予想をどんどん裏切ってくる展開にページをめくる手が止められない。ラストにはびっくり。二人を親のような気持ちで読んでいるので、途中に差し込まれるゲイ・バッシングのシーンは辛かった。でもその後の展開が流石&素敵。ファンタジーではなく現実的で、でもハッピーなラストに満足。2021/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16138909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。