ビッグ・コロタン<br> ドラえもん科学ワールド―人類進化の不思議

個数:

ビッグ・コロタン
ドラえもん科学ワールド―人類進化の不思議

  • ウェブストアに108冊在庫がございます。(2020年02月24日 19時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784092591646
  • NDC分類 K469
  • Cコード C8676

目次

ヒトとサルはどう違う?
霊長類の登場
森でくらした初期猿人
直立二足歩行をはじめた猿人
道具を手にした原人
アフリカを出た原人
ホモ・ネアンデルターレンシスとホモ・サピエンス
世界に広がったホモ・サピエンス
狩猟採集から農耕へ
古代文明の開化
日本に来たホモ・サピエンス
人類はどこへ向かうのか

著者等紹介

河野礼子[コウノレイコ]
慶應義塾大学文学部自然科学部門准教授。自然人類学人類進化学。東京都生まれ。東京大学理学部生物学科卒業、同大学大学院理学系研究科生物科学専攻(人類学)修了。理学博士。2002年より国立科学博物館人類研究部研究員、2013年より同研究主幹。専門は人類進化学、形態人類学。ヒトと類人猿の歯の形の進化や、3Dプリンターを利用した化石人骨の3次元デジタル分析などの研究に携わっている。2017年より慶應義塾大学文学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ドラえもんを読みながら人類進化がわかる!

「ドラえもん科学ワールド」シリーズは、ドラえもんのまんがを通して、自然科学や理科をテーマ別に取り上げる、子ども向けの科学解説本です。累計160万部を超える大人気シリ-ズで、今回は「人類の進化」がテーマです。
人類の発祥から猿人や原人、ホモ・サピエンスへの進化、石器や火の使用、アフリカから世界各地への大移動、農耕や文明の始まり、そして人類の未来等まで、最新のDNA研究の成果も交えて幅広い切り口で「人類の進化」を解説していきます。

【編集担当からのおすすめ情報】
ドラえもんの名作「ぼくの生まれた日」も収録。まんがと共に、人類の進化を楽しく学習することができます。

藤子・F・ 不二雄[フジコ エフ フジオ]
著・文・その他/イラスト

藤子プロ[フジコプロ]
監修

河野 礼子[コウノ レイコ]
監修