こども「折々のうた」100―10歳から読みたい日本詩歌の決定版!

個数:
電子版価格 ¥1,485
  • 電書あり

こども「折々のうた」100―10歳から読みたい日本詩歌の決定版!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 09時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784092272040
  • NDC分類 K911
  • Cコード C8092

内容説明

俳句・短歌入門に最適!松尾芭蕉、小林一茶、石川啄木など、教科書でもなじみ深い作者から現代作者まで、大岡信の名詩歌選集『折々のうた』より、知っておきたい俳句と短歌を厳選。

目次

短歌(君待つと―額田王;ももづたふ―大津皇子;石ばしる―志貴皇子;天離る―柿本人麻呂;夏野行く―柿本人麻呂 ほか)
俳句(目には青葉―山口素堂;呼かへす―野沢凡兆;閑かさや―松尾芭蕉;病雁の―松尾芭蕉;秋深き―松尾芭蕉 ほか)

著者等紹介

大岡信[オオオカマコト]
1931年~2017年。詩人、批評家。東京芸術大学名誉教授、日本ペンクラブ元会長。静岡県三島市出身。戦後詩を代表する詩人のひとりとして、詩、評論、美術批評、戯曲、翻訳、詩歌編纂など、幅広い分野で業績を残した。読売新聞外報部記者を経て明治大学教授となる。「折々のうた」朝日新聞連載で菊池寛賞、『紀貫之』で読売文学賞など受賞多数

長谷川櫂[ハセガワカイ]
1954年熊本県生まれ。俳人。朝日俳壇選者、ネット歳時記「きごさい」代表、東海大学文芸創作学科特任教授、神奈川近代文学館副館長。「蛇笏賞」「奥の細道文学賞」「ドナルド・キーン賞」選考委員。『俳句の宇宙』でサントリー学芸賞、句集『虚空』で読売文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

10歳から大人まで俳句・短歌入門に最適!

日本文学史上に輝く現代の詩歌選集『折々のうた』の中から、10歳から読んでほしい短歌と俳句をそれぞれ50ずつ選び、分かりやすく解説しました。

登場する作者は、73人。
万葉集掲載の額田王・柿本人麻呂から、平安時代の歌人和泉式部、江戸時代に活躍した松尾芭蕉・小林一茶、近現代の歌人石川啄木など、
教科書でもなじみ深い作者から現代作者までの作品を
時代の流れに沿って並べ替えました。

俳人の長谷川櫂さんによる前書きの一部を紹介します。
「人生には恋も老いも死もあることを、子どものうちから知っておいていい、知っていなくてはならないのではないかと考えて「大人向け」の短歌や俳句も入れることにしました。
こうしてこの本は短歌や俳句を知るだけでなく、人間一生の案内図になりました。
君たちの長い人生の「折々に」ページを開いていただけたらいいなと願っています」。

すべての漢字と歴史的かなづかいにふりがなをつけ、詩歌には現代語訳と、大岡信さんの解説文には、ことばの解説をつけました。
解説文もあわせて読んでいただくことで、短歌や俳句の味わい方がわかり、読むことが楽しくなっていきます。




【編集担当からのおすすめ情報】
子どもから大人まで、この1冊で俳句・短歌にはじめて触れる人は、とってもラッキー!万葉集から現代まで、大きく日本の詩歌の流れと、魅力がわかります!
どの時代の詩歌にも現代語訳がついていますので、今の感覚で味わうことができます。
志貴皇子(しきのみこ)が奈良時代に詠んだ春の名歌に、共感することができるなんて、わくわくしませんか。
どこから読んでも、つまみ読みでも、見開きで完結しているので、大丈夫!
毎日の気持ちにフィットする詩歌を探してみてください。

大岡 信[オオオカ マコト]
著・文・その他

長谷川 櫂[ハセガワ カイ]
監修