続・10歳の質問箱―なやみちゃん、絶体絶命!

個数:

続・10歳の質問箱―なやみちゃん、絶体絶命!

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年04月20日 14時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784092271937
  • NDC分類 K159
  • Cコード C8037

内容説明

「どうすれば夜がこわくなくなりますか?」「なぜ本を読まなくちゃいけないんですか?」「なぜ人を殺してはいけないんですか?」なやみちゃんとなやむくんが自分らしくあるために!44人の作家たちがアドバイス!

目次

1 自分のこと、まわりの人のこと(災害が起きたときは大変だなあと思うのに、いつのまにか忘れています。ぼくは冷たい人間でしょうか?(中島京子さん;貴乃花光司さん)
人は見た目がいちばんだと思います。そう思うのはいけませんか?(ひこ・田中さん;野中柊さん)
きらいな子、いやな子がいます。性格を直してもらうことはできますか?(阿川佐和子さん;山本晋也さん)
特別な理由はないのにすごくさびしい気持ちになるのは、なぜ?そんなときどうすればいいですか?(朽木祥さん;西木正明さん)
夜、特に暗闇がこわくてたまりません。どうすれば夜がこわくなくなりますか?(柏葉幸子さん;山本晋也さん) ほか)
2 社会のこと(親が離婚して名字が変わります。自分じゃなくなるみたいですごくいや。名字は選べないのですか?(落合恵子さん;吉岡忍さん)
なぜ人を殺してはいけないんですか。死刑は殺人ではないのですか?(冲方丁さん;寮美千子さん)
神さまはいるんですか?もしいるのなら、なぜ事故や病気や戦争で、罪のない子どもたちを死なせちゃうの?(見城美枝子さん;中村敦夫さん)
「働かざる者食うべからず」といいますが、働けない人はどうすればいいのでしょうか?(堀切リエさん;山田真さん)
多数決はいつも正しいのですか?自分の意見が通らないときはどうすればいいのでしょう?(あさのあつこさん;佐高信さん) ほか)

著者等紹介

鈴木のりたけ[スズキノリタケ]
1975年、静岡県浜松市生まれ。会社員、グラフィックデザイナーを経て、絵本作家になる。『ぼくのトイレ』(PHP研究所)で第17回日本絵本賞読者賞、『しごとば東京スカイツリー』(ブロンズ新社)で第62回小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

子どもの「なぜ?」に作家が答える人生相談

子どもの「なぜ?」に作家が答える人生相談『10歳の質問箱』の続編です。
前作は、子供版人生相談読み物として、子どもの素朴な疑問に大人が大まじめに答えるという趣向が大好評でした。

「進学校に行ったら幸せになれるの?」
「いやな子の性格を直すことはできますか?」
「どうして本なんか読まなくちゃいけないの?」
「選挙はどうして必要なのですか?」などなど。

子どもたちの質問に、日本を代表する作家たちが、いろんな角度で答える、いわば“作家たちの道徳教育”です。回答者は、森絵都、浅田次郎、あさのあつこ、朽木祥、志茂田景樹、貴乃花光司、吉岡忍、山田真などの44人。大人の真っ正直な言葉を子どもたちに届けます。

編者となっています『日本ペンクラブ「子どもの本」委員会』とは、日本ペンクラブの中の子どもの本の作家や編集者たちが、子どもたちをとりまくいろいろなことを考えていこうと集まった委員会です。

【編集担当からのおすすめ情報】
子どもたちの素朴な疑問、悩みに大人が大まじめに答えてくれます。しかも答えは、ひとつじゃない、いろんな考え方があると教えてくれます。
子どものみならず、大人が読んでも考えさせられたり、納得したり、励まされたり・・・。絶体絶命を救ってくれるかもしれない一冊です。