小学館叢書<br> ねじ式・紅い花

  • ポイントキャンペーン

小学館叢書
ねじ式・紅い花

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 393p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784091970718
  • NDC分類 726.1

出版社内容情報

誰もが経験したことがあるような悪夢の世界を再現し、コミック界に金字塔を打ち立てた「ねじ式」をはじめ、作者の代表作ばかりを集めた短編集。日本コミック史を知るうえではぜひとも手に入れたい一冊である。

▼第1話/沼▼第2話/チーコ▼第3話/初茸がり▼第4話/通夜▼第5話/山椒魚▼第6話/李さん一家▼第7話/峠の犬▼第8話/海辺の叙景▼第9話/紅い花▼第10話/西部田村殺人事件▼第11話/長八の宿▼第12話/二岐溪谷▼第13話/オンドル小屋▼第14話/ほんやら洞のべんさん▼第15話/ねじ式▼第16話/ゲンセンカン主人▼第17話/もっきり屋の少女▼第18話/蟹▼第19話/やなぎや主人▼第20話/大場電気鍍金工業所●あらすじ/1間の狭苦しいアパートに住む夫婦。売れない漫画家の夫を、ホステスをする妻が養っている。その妻がある日、夫に向かって「文鳥が飼いたい」と言い出した。夫は渋るが、お金まで用意していた妻に押され、彼らは連れだって文鳥を買いに行く。いつしか「チーコ」と名付けられたその文鳥は、しだいに夫にも可愛がられるようになっていた。そんなある日、夫は遊んでいる最中に、誤ってチーコを床にたたき付け、死なせてしまう(第2話)。▼日光浴をする男の脇に、美女が寝転がる。彼はその女性に好意を抱くが、声をかけることもできず、連れらしき男に嫉妬するばかり。ところが、日が暮れた海に男が再びやって来ると、そこにはたった1人で彼女が膝を抱えていた。昼間の