ビッグコミックス<br> 鬼虫 〈5〉

電子版価格 ¥693
  • 電書あり

ビッグコミックス
鬼虫 〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 1冊/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863706
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

時は平安時代。絶海の孤島「鬼島」に流れ着いた女は、果たして“凶”の兆しなのか…? 原始の島が禍いに揺れ動く、波瀾万丈のサバイバル!!

"▼第46話/再会▼第47話/女VS.女▼第48話/鯨▼第49話/焦土▼第50話/道▼第51話/真冬の虫ケラ▼第52話/激烈猛火▼第53話/執念▼第54話/一隻の船▼第55話/灰の中の二人▼第56話/邂逅▼第57話/脱出▼最終話/パッチリ日和●主な登場人物/トラゴ(幼少時代に実姉「タナ姉え」が海で行方不明になり、それを自分のせいだと思っている)、マナメ(「タナ姉え」にそっくりな漂流者。巫女から""凶の女""とされるが、トラゴによって匿われる)●あらすじ/再度の噴火で島が混乱に陥る中、ついにマナメとの対決を決心したトラゴ。男を奪われて苛立つ女たちと共に駆けつけると、男たちは飛来してくる火の石から船を守るため、船を移動している最中だった。男たちを殴り、船を破壊しようとしていたそのとき、弓をかまえたマナメが現れて…(第46話)。●本巻の特徴/残留派と脱出派。それぞれの希望もむなしく、ついに鬼島に最期の時が! 激化のパニックの中、トラゴはマナメにけじめを付けられるのか…!?●その他の登場人物/ククリ(トラゴの幼なじみで、現在は夫。自分の過失で「タナ姉え」を行方不明にした)、クウロウ伯母(島の巫女。権力者)、モモエ(クウロウ伯母の息子。マナメの誘惑を受ける)"

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yom

2
文化水準を問わず社会に順応できないはみだし者、それがマナメなのかも。2021/10/03

リフル

1
★★★★☆2020/01/19

中性子星

1
平安時代の火山離島で暮らす閉ざされた村に、都から漂流者の娘が流されてくる物語。漂着と火山噴火の時期が重なり大事態になってしまう。よそ者を排除なければ、噴火は収まらないとして古いしきたりに従う村民と、島から船を作って脱出しようとする漂流者側との対立。漂流者ではなく村人視点で物語が進むのが斬新。村民が女社会なのも面白い。なかなか面白い漫画でした。2011/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23350

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。