ビッグコミックス<br> 花園メリーゴーランド 〈1〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

ビッグコミックス
花園メリーゴーランド 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 208p
  • 商品コード 9784091863614
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

主人公は、ちょっと無口な高校1年生の相浦くん。旅行中にバスを乗り過ごし、知らない集落に迷い込んでしまい…。そして、土地の女性たちに誘われて、というか襲われて、いきなり貞操の危機に陥るが!?

"▼第1話/暗闇の向こう側▼第2話/こたつウィメン▼第3話/ためらい、そして▼第4話/淀みに浮かぶうたかたは▼第5話/行きはよいよい▼第6話/娘・澄子▼第7話/二人の時間▼第8話/カオスな夜▼第9話/夢の続き▼第10話/それは雪のせい●主な登場人物/相浦基一(先祖代々伝わる刀を手に入れるため、父の故郷に行くつもりが、柤ヶ沢へ迷い込む)、澄子(道に迷った相浦くんを泊めてあげた美少女。実家は民宿)●あらすじ/ある日、東京近郊に住む相浦くんは、父親から家宝の刀の話を聞かされる。刀のことが気になった彼は、春休みを利用して父の故郷に旅立った。が、バスで居眠りしたおかげで、""柤ヶ沢""なる集落で一泊するハメに。あくる朝、財布がないことに気づいた彼は、帰るに帰れなくなってしまう…(第1話)。●本巻の特徴/主人公は、ちょっと無口な高校1年生の相浦くん。旅行中にバスを乗り過ごし、知らない集落に迷い込んでしまい…。そして、土地の女性たちに誘われて、というか襲われて、いきなり貞操の危機に陥るが!?●その他の登場人物/みづえ(澄子の母。民宿「まさがや」の女将で、フェロモンたっぷり) "

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

51
柏木ハルコの名作だと思ってます。思春期の恋愛と成長、民俗学的な興味、ミステリアスな展開。中学卒業を控えた相浦君は父から聞いた家宝「烏丸」をとりに、父の生まれた山あいの街へ行く。しかし、バスを乗り過ごし隠れ里けびが沢の民宿「まさがや」の世話になる。今の倫理観が出来たのは明治以降。それまでは性におおらかだった日本。大人の男が殆ど出稼ぎで居ない集落。厄落としにまさがやのみづえさんが、相浦君に近づく。みづえさんの娘の澄子と惹かれあう相浦君。「烏丸」が諸刃の日本刀で、平家の宝刀「小烏丸」とそっくりなのも興味深い。2015/03/09

Not義理ナイス🍮荒描/荒猫

25
すぐ濡れ場に突っ走るエロ漫画よりよほど官能的で素朴な絵も逆に唆る作品……。単純にエロい風習のある村に迷い込んでセックスしまくりとか安っぽいエロ漫画と次元が違う。どちらが上とかいちいち差をつけて考えたくないから「次元」と表現したのだけれどさ。戸惑い方とか葛藤があるからこその生々しさもいい。僕ならたぶん主人公はもう少しショタにして描いたけどそういうことは置いといて…とにかくこういうタイプの官能表現もぜひとも自分の漫画に取り込もうと思った。とりあえず1巻まで漫画サイトで読めたが、続きも揃えて買いたいなぁ。2021/04/29

Dai(ダイ)

12
伝奇とホラーとエロがミックスしたような怪しげな展開がよい。2021/07/08

exsoy

5
エロさより怖さが強い2008/06/16

古本サバイバー

3
久々読んだけどやっぱこの漫画最高だ。エロであり、純愛であり、ホラー、サスペンス、いろんな要素がナイスバランスでぶち込まれてる。2012/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7718

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。