ビッグコミックス<br> 奈緒子/新たなる疾風 〈4〉

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックス
奈緒子/新たなる疾風 〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 207p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091863249
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

限界を超え、誰よりも、一秒でも速く…! 日本海が生んだ天才ランナー・壱岐雄介の挑戦は続く!! 白熱のマラソン編突入!!

▼第33話/兆し▼第34話/波紋▼第35話/風の不安▼第36話/肉弾戦▼第37話/突破▼第38話/山の涙、海の涙▼第39話/兄弟の道▼第40話/悪魔▼第41話/同情と礼儀▼第42話/波の道▼第43話/ファイトマネー●主な登場人物/壱岐雄介(波切島高陸上部2年生。「日本海の疾風」と称される天才長距離ランナー)、篠宮奈緒子(小学生の頃、雄介の父・健介に救助された少女。雄介に心を引かれつつ、東大進学のために波切島を後にした)、大山権太(スポーツ理論を極めた天才学者だったが突如学界を去り、現在は波切島の漁師として暮らす。健介・雄介の海の師)●あらすじ/日本陸上連盟の推薦を受け、初の現役高校生として東京国際マラソンに出場した雄介。練習では42.195kmを完走できなかった雄介だが、序盤からレースをひっぱり、常識を超えたスピードを保ち続ける。やがて大会の中間点を通過するが、なんとそのタイムはハーフマラソンの日本記録を上回っていた。先頭で並んだ本田と雄介に、波切島高校の仲間たちは大声援を送る。だが、余りにも異常なレース展開は、ランナーたちを破壊してゆく…!!(第33話)●本巻の特徴/折返し地点を過ぎてもなお、雄介と本田はハイスピードで走り続ける。これをみた