ビッグコミックススピリッツ<br> アイアムアヒーロー 〈15〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ビッグコミックススピリッツ
アイアムアヒーロー 〈15〉

  • 花沢健吾
  • 価格 ¥607(本体¥552)
  • 小学館(2014/06発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月28日 07時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 1冊/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091862846
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

出版社内容情報

ヒーローは、ZQNに咥えられた英雄!?

英雄・比呂美・小田…
閉ざされた三角関係が、微妙な変化を遂げていき…。

ZQNに咥えられ意識不明の英雄、
比呂美のキス(?)、
そして小田の体に起こる異変…。

…徐々に明らかになっていく、この世界。

物語が大きく動き出す!
大反響!大人気!黙示録第15巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

104
風景描写が素晴らしいのも当然あるが、破滅的世界が恐ろしかったはずの作品なのに、いつのまにやら憧憬すら抱かせる居心地の良いものに思えてきた。今の展開が比較的穏やかだしつかの間のことなのかもしれないけれど、なにか生きている実感のようなものがある。2016/05/23

ゼロ

63
英雄を飲み込んでいたZQNには意思があり、コミュニケーションを取れることが分かった。彼らは死んでいるのかと思いきや、心臓は動いてないのかもしれないが生きている。精神的な世界では、クルスが問う。死ぬってなんだ?無か?生まれ変わりか?と。全ては1つの存在になるためにと、ZQNは混じり合っていく。一方、つぐみは妊娠した。勿論、英雄の子供ではないのだが、ここに来て、一緒に行動することを断念するという。一人で朝にトラックに乗ったのもそういうことだ。こんな廃退した世界でも、生きる希望はある。それとも絶望なのか?2016/12/03

kanon

63
なんというかおかしいのだけれど、不思議と人間味が感じられた一冊であった。少しばかり、安全だったからだろうか…理由は分からないけれど襲いかかってこないからZQN。何か終始温かかったなあ、雰囲気が。束の間の休息。そして思ったのは、途中で海フェチだから海見に行っていい?みたいな感じで海を見るって場面…多分、こういう何気無いところで見た景色が、ずっと記憶に残るんだろうなあと思った。そこそこ大事な話してるしね、おそらく二人にとっては。やはり何だろう…本能、だろうか。人間の。男と女。いや英雄の人柄もあるのか。う~む…2015/01/20

みくきのこ™

46
この三人結構いいと思っていたんだけどなー‥ この状況下で医療関係者を失うのは辛い。城の上にひっついている巨大な集合体が気になる。2014/08/31

くりり

45
着ぐるみ、合体ZQN、三角関係(笑)、小田さん、何がどうなるのか?伏線ばっかりで全く先が見えない。ただ、大泉洋の英雄は納得しかねます•••。2014/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8091834

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。