ビッグコミックス<br> ギャラリーフェイク 〈21〉 清香茶会

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

ビッグコミックス
ギャラリーフェイク 〈21〉 清香茶会

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 195p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784091861818
  • Cコード C9979

出版社内容情報

“ギャラリーフェイク(贋作画廊)”オーナー・藤田が、その天才的審美眼と修復技術を武器に、美術界の裏に潜む虚飾に切り込む。

▼第1話/清香(チンシャン)茶会(前編)(中編)(後編)▼第2話/二重奏▼第3話/ニンベン師の逆襲▼第4話/花と3(みつ)ばか▼第5話/雨やどり▼第6話/43分の1営業所●主な登場人物/フジタレイジ(ニューヨーク・メトロポリタン美術館元学芸員で、主に贋作〈がんさく〉を扱う画廊「ギャラリーフェイク」のオーナー。美術界の表と裏に精通している)、サラ(フジタのアシスタント。フジタに好意を持っている。実家はアラブの大富豪)●あらすじ/知人・加茂水仙の紹介で、台湾での仕事を引き受けたフジタ。その仕事とは、台湾財界の要人・林海羽のもとに持ち込まれた絵画の真贋を鑑定することだった。その絵を贋作と見破り信頼を得たフジタは、「茶藝」という林の新事業に関わる新たな仕事を依頼される。茶の道を通して、台湾に新しい文化を創造しようというのだ。だがその一方、政界にも大きな影響力を持つ林を快く思わない人間も、多く存在していた。そんな政敵の一人が、闇のルートを使って殺し屋を雇う。そして、フジタの身にも危険が…!?(第1話)●本巻の特徴/台湾を舞台にした上記の表題作「清香茶会」の他、ダ・ヴィンチ以降のヨーロッパを代表する画家の一人・フェルメールの